習慣



ビジネスするなら与える人であれ。速読フォーカスリーディング寺田氏のプロ魂から得た気づき。

有料コンテンツを購入したことがある方へ、いきなり質問させていただきますが、購入後どれだけ商品に満足されましたでしょうか?

たとえば、購入前はお客様に対しメールなどで自分は良い人アピールしてたのに、お客様が商品を購入するか、あるいは購入を見送ると、いっきに雰囲気が変わることがあります。それは企業よりも個人販売している方に多い気がしますが、態度が変わり、急に先生ぶってきたり、自分のメルマガに反応しないことがわかったら、メルマガの解除まで依頼してきたりします。

最初は信頼関係がどうのこうのと言っておきながら、時間が経過するとともに豹変するありさまには疑問しかございません。結局、そんな販売者のメルマガに登録したり、商品を購入したりと、人を見極められなかった自分が悪いのでしょう。

将来自分がサービスを売る時、どうすればよいかと考えていたところ、速読フォーカスリーディングの講師寺田氏から良いヒントをいただくことができました。

フォーカスリーディング寺田氏からのヒント

なんと、寺田氏からフォローのメールがきた

以前フォーカスリーディング速読マスター講座について記事を書きました。

そしたら、なんとその記事を読まれた寺田氏ご本人からメールをくださったのです(2019年5月末)。もちろん、小心者の私は、「えっ!?速読の寺田先生?うそでしょ・・・本当に本人か?」とウロたえましたが、ご本人であることは間違いなさそうです。

フォーカスリーディングの評判を落とすかもしれない内容なのに

正直、感動してしまいました。

なぜかと申しますと、ブログの記事は、寺田氏にとって決して良い内容をではございませんので、削除依頼をされてもおかしくはないのですが、そうではなく、速読を習得できなかった私をフォローして下さるという内容のメールであり、しかも、私がまじめに取り組んだことをご理解してくださったからです。

自分が寺田氏の立場であったなら、きっと、フォローメールなどしないと思います。冒頭で述べさえていただいた販売者達と同じように、無視することでしょう。

しかし、そこでフォローのメールを送れる寺田氏は、きっと大事にしている「理念・信念」があるのだと思います。私はその姿勢にプロフェッショナルさを感じました。

なぜ寺田先生のフォローを断ったか?

しかし、私は寺田氏からのフォローをお断りしました。理由は、フォーカスリーディング速読マスター講座を解約し、返金されたので損していないからです。

損していないのに、フォローしていただくわけにはいきません。もしそのフォローを受けた場合、プロである寺田氏にタダ働きさせてしまうことになり、それはあまりにも失礼なことだからです。

寺田氏がそれでもいいと思ったとしても、私がいいと思いません。無料でプロの方からの指導を受けるわけにはいかないのです。私にとってプロとはそういう存在なのです。

とはいっても、人は不合理な生き物。かっこつけてフォローは断っても質問はあります。そこで、せっかくの機会ですからダメ元で一点だけ質問させていただきました。

フォーカスリーディング寺田先生へコツを質問する

どんな質問をしたかというと、「混雑した通勤中など、理想的な読書環境化ではない場所でも、効率よく読書できるコツや考え方などがあれば、教えてください」という内容です。

通勤電車という環境は、集中力の維持が難しく姿勢や心が乱されますので、よい読書環境と言えません。それでも、サラリーマンにとって通勤時間は、読書できる数少ないチャンスですから、有効活用したいのです。

もちろん、フォーカスリーディングを身につければ、いつでも速読モードへ切り替えることができるため、通勤電車の中でも集中力を維持できることは理解してます。また、フォーカスリーディングは、読書中の姿勢だったり、心のあり方を大切にされていると認識してます。

しかしそうではなく、フォーカスリーディングを身につけていなくてもできることがないかと常々思っていたので、質問させていただきました。

すると、ご丁寧なことに、その質問にご返信いただき、かつ、寺田先生がシェアしてくださったのが、こちらのコンテンツです。

本当に、わざわざ質問に答えてくださるとは思ってもいませんでしたが、私なんかのために貴重なお時間を割いてくださりました。本当に感謝の言葉しかございません。

縦書きの本は速読効果あり

紹介されたコンテンツを読んで気づいたのですが、縦書きの本は読むのが少し早くなっていました。読了まで2~3日はかかっていたボリュームの本が、1~2日になった程度ですが、私にとっ結構大きな変化です。

おそらく、正月にフォーカスリーディングの習得をあきらめたとはいえ、本を読むときの本の位置や本の角度は、講座で習ったとおりにしてました。講座で習ったことの中で、日頃の読書に活かせるものについては取り入れるようにしていましたので、それがよい変化につながったのだのかもしれません。

まとめ

そうなんだ、与える人なんだ

今回、寺田氏からご連絡いただいたことで、得た気づき。それは、よいサービスとは、予測していない嬉しさをお客様に与えるということなのです。当たり前かもしれませんが。

私から問い合わせしたことに対し返信されたのとは違い、寺田氏の方からメールしていただけことがお客である私にとって、嬉しい出来事でした。そういう嬉しさを顧客に与えるサービスをすることこそ、良いサービスなのです。

冒頭で申しましたWEB系のサービスは、次のような流れでした。

・無料レポートの特典と引き換えに、メールアドレスを登録する
・メルマガを通して、信頼関係構築
・プロダクトローンチを仕掛けられる
・購入したら、ちょいとフォローがある
・購入しない場合、興味ないなら解除してね~みたいな流れがある

メルマガ登録させておいて、解除誘導するは、買わない人には、時間を使いたくないということなのでしょうか。スパムメール扱いされたくないからとか、もっともらしい理由があるのかもしれませんが、いずれにしても解除誘導してきます。解除するのはかまいませんが、客としてはあまり気分がいいとは言えません。

私は、そういう残念な販売者が多いことに嫌気がさしていました。そのせいで、「そういう販売者になりたくない」という心理が働き、私自身が何か商品を販売することに対して抵抗を感じてしまい、「やっぱり成功からは縁遠い性格しているのかな」と悩んでいたところに、私のブログ記事をお読みいただいた寺田先生からのフォローメールが届きました。

フォーカスリーディング速読マスター講座を解約し、内容の良い記事を書いていたわけではないにも関わらず、速読が習得できるようフォローのメールくださった寺田先生。その姿勢に、プロの魂を感じました。

与える人とは、今回の寺田先生のような行動を取れる人なのでしょう。実際に接してみて、その素晴らしさに気づかされました。だからこそ、フォーカスリーディングの習得に失敗した私が、フォーカスリーディングを酷評することなく、他の方におすすめしてしまうわけであります。

98%の習得者になるか2%の脱落組になるか、速読に興味がある方は、フォーカスリーディングにチャレンジしてみるのも一つの手でしょう。

 

緻密な文章書くためには勇気も必要、Scrivener for windowsの購入方法前のページ

【夏休みのお出かけ】親と子でサルと戯れ癒される。伊豆シャボテン動物公園は超おすすめ。次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 七福神よりご利益あり?DA PUMP新曲「桜」リリースイベントの握手会に行ってき…
  2. 凝縮された学びに感動!「原田式メンタルトレーニング3時間で速習セミナー」体験談
  3. おもちゃやぬいぐるみの処分成功したが「不用品の寄付は親切じゃないよ!」と子供の一…
  4. 緻密な文章書くためには勇気も必要、Scrivener for windowsの購…
  5. WordPressテーマTCD「MAG(tcd036)」のブログ7選!個性がキラ…

関連記事

  1. 習慣

    習得率98%の講座でまさか2%の脱落組か?フォーカスリーディング速読マスター講座体験談【ダイレクト出…

    本を読むスピードと本を買うスピードどちらが早いかといえば本を買うスピー…

  2. 習慣

    学習法の学習が難しすぎて断念。フォーカスリーディング高速学習講座体験談【ダイレクト出版】

    フォーカスリーディング速読マスター講座にチャレンジした結果、速読の習得…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

WordPressテーマ TCD「MAG」

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. マネージメント

    「原因追究は時間の無駄なのでうんざりだ。」そんな時は解決志向アプローチで問題解決…
  2. 破天荒フェニックス

    組織

    「破天荒フェニックス オンデーズ再生物語」この本から学ぼう!どん底人生から這い上…
  3. ライティング

    わかりやすい文章が速く書ける!そんな文章術の本を紹介します。
  4. 思考法

    こんな付箋の活用方法があったのか!頭と心がスッキリする付箋活用術おすすめ本。
  5. メンタルヘルス

    職場のメンタルヘルスの対策・取組みの時に必見!メール相談事例集
PAGE TOP