プロフィール

Brand New Frame.Noteへお越しいただき、ありがとうございます。

このブログは、私が心も経済的にも自立を目指して成長していくための活動の中で、学びになったことを発信しております。

管理人ひろゆきの紹介

年齢は40代半ばの男。千葉県に在住してます。
妻、娘1人の3人家族です。

満員電車の押し合いで、いつも負けてしまう足腰の弱いサラリーマンです。
痴漢に間違われないよう防止の意味も含めて、ほぼ毎日本を読むことで手を上にしている心が弱いサラリーマンです。
IT系の会社でシステムの運用保守をしてますが、頭のハードディスクの容量が少ないため、最新技術的についていけない頭が弱いサラリーマンです。

早く大人になりたかった

貧乏な家庭で育ちました。
小学校のとき、積立金といって修学旅行か何かに使うお金を毎月学校に1000円積み立てる制度がありましたが、我が家はその1000円を払うのも大変な家計でしたので、毎月担任の先生に支払いを待っていただくよう私がお願いしてました。親がやってくれなかったのです。子供心にそれが凄く恥ずかったのをトラウマのように覚えてます。

周りの同級生は当たり前のように親から与えられているものが自分にはなく、お金がないと必然的にできない事が多くて、窮屈でした。自分で稼げるようになりたくて、早く大人になりたいと思ってました。

一夢庵風流記の前田慶次郎に憧れる

高校の時、週刊少年ジャンプで花の慶次という漫画が連載してました。戦国時代、権力者に逆らって自由に生きた傾奇者前田慶次の話です。私は花の慶次が気にいり、原作の一夢庵風流記を読み、衝撃を受けました。
いつ、のたれ死んでもおかしくない状況で生き抜く強さを持っているからこそ、組織に属せず自由に生きることができている主人公の傾奇者:前田慶次郎に、憧れてしまいました。自分の人生を自分の責任で生きている。高校の時に一夢庵風流記から受けた影響が、その後の私の人生観に影響を与えるとは思ってませんでした。

せっかく大人になったのに・・・

勤めるようになってからは、上司との人間関係や仕事内容への不満から何回か転職しております。せっかく大人になったのに、ぱっとしない人生です。

仕事は割とまじめにやっていたと思います。クソまじめと言ってもいいかもしれません。でも、その性格が災いをもたらします。どんな組織にも正直者が馬鹿をみる展開はあると思いますが、それが私が上司と揉めるパターンなのです。

バブルがはじけた後の不景気だということを理解せず、その後のキャリア形成に影響を与えることも考えず、仕事選んだり辞めたりを感情的な判断のもと行ってました。今、思えば恥ずかしい話です。

自分の市場価値を考えれば、我慢して働かせていただくのが当たり前です。でも、私は自分の方が価値あると思っていて、気に入らない組織で働く必要はないと考えていた間違った傾奇者でした。

しかし、そのバカげた考えは、あるコスメ会社の面接受けたときに変わります。そのコスメ会社の社長は、甘ったれた志望動機の私に言いました。「会社はあなたに社会人という価値を与える」と・・・。

正直な話、ショックを受けました。何故こんな当たり前のことに気づかなかったのかと・・・。

その会社の社長の顔は覚えてませんが、社長の言葉は覚えています。おかげさまで会社に勤めることのありがたさに気づくことができたました。目を覚ますきっかけをくださり、今でも感謝しております。

会社の都合どおりに生きるのは幸せなことなのか?

今のIT会社に勤めてからの悩みは、今まで身に着けたスキルを活かせない異動を受け入れることでした。会社から社会人という価値をいただいている以上、会社に従うのは当然ですし、会社の都合もあるので仕方ないことですし、私ならこなせると思って配属を決定する上司の気持ちも理解できないわけではないのですが、異動のたびに自分が望んでいない勉強をしなくてはならないことに苦痛を感じてきました。

例えその異動が出世につながったとしても、苦痛の方が我慢できませんでした。今までやってきたことの延長ではない部署異動は、異業種に転職するのと同じくらい大変だからです。当然不満が溜まりますし、業務上の私の要望に対する理解が得られなければ、やはり上司と衝突してしまいます。

なんだか同じ間違いを繰り返しているようで、サラリーマンという会社の都合に合わせる生き方に嫌気がさしてきました。メンタルが不調になりかけたので、このままでは病気になるかもしれないと思い、心理学やカウンセリングのスキルを勉強したのが2016年4月のことです。

自立に足りないもの

心の勉強というものはありがたいものです。自分を客観視する癖がつくからです。するとこんな疑問がわきます。

子供のころ待ち望んでいた大人になり、自分で稼げているのに、いまだに幸せだと思えないのは何故か・・・。

その疑問の答えは一つです。自分の力で稼ぐことができていないからです。労働力を提供し対価を得るのは、会社に雇っていただいているからこそできることです。正確には自分の力で稼げてる状態ではありません。

一夢庵風流記の前田慶次郎はただ組織に逆らっているわけではありません。組織に属さなくとも自分の力で生き抜く力を持っています。私が前田慶次郎に憧れるべきところは、組織に逆らっているところではなく、自力で生きているところなのです。今の私に足りないものは、組織に属さなくても収入を得る力、すなわち自分で稼ぐ力です。

そこで自分で稼ぐ力をつけようと思ったのが2017年12月であり、学んだことをアウトプットする場として、このブログを誕生させました。

今の時代は私が勤め始めた頃と違い、WEBが発達したことで組織に頼らなくても稼ぐチャンスがたくさんあります。誰でも傾奇者として生きていきやすい条件が揃ってきている気がします。

ブログで書きたいこと

ノウハウコレクターでいいのか?

今に始まったことではなく、私は興味を持ったら手をつけてしまう悪い癖があります。そして商材を買って中途半端に学習したら、また違うものに手をつける。まさしくノウハウコレクターな生き方です。成功者から見れば笑われる生き方かもしれません。

しかし、ノウハウを集めると言ってもやみくもに集めているわけではなく、興味を持つ分野はだいたい決まっています。なんでもかんでもやりたいわけではないのです。

ただし、ゴールを設定して、「やるべきことはやる、やらないことはやらない」というように、行動を変えないといつまで経っても何も変わらないのも事実です。

「このままでいけない・・・」そこで、自分はどんなノウハウを集めていたのか、棚卸しすることにしました。

この棚卸しの時に、昨年2018年に出会った「原田メソッド」というセルフコーチングの学びが、役に立ったと思います。原田メソッドの日誌を書き続けているうちに、心が整理されてきてましたので、自分が何をどんな目的で学習しようとしていたのか気づくことができたのです。

テーマは8つのカテゴリー

それは、自分の成長のための学びでした。自分が追い求めていた知識や技術をカテゴリーとして整理すると、だいたい大きく分けて8つのカテゴリーに収まるのです。上の図がそれです。

この8つのカテゴリーについて気になったことをインプットし、その次に応用的なことやアウトプットすることを目指していく。そうやってグルグルグルグルと螺旋階段を上るように、各カテゴリについて少しずつスキルアップしながら勉強を続けていたことが、ノウハウコレクターという結果になっていたのです。もしかしたら、世間一般のノウハウコレクターさんも同じような感覚かもしれませんね。

また、無意識で行っていたことですが、1つの学びがコケても他の学びがある状態を作っていたことに気づきました。きっと、ひとつのカテゴリーでダメだったとき、自分自身の無力さで傷つかないように、他のことができるよう保険をかけていたのかもしれません。

今は、それぞれのカテゴリーについての学びから、なんらかの収益が出せるようになることが、今のところのゴールです。そういう活動を通して学んだことがブログで書きたいことになります。

各カテゴリーの具体的な学びの内容は、ブログの記事になっていきますので、興味がある方はチラ見してくだされば幸いです。そしてせっかく訪れてくださった方の何かの役に立てば嬉しいですし、それを励みに続けていきたいと思います。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

WordPressテーマ TCD「MAG」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. 組織

    どんな組織でも目標達成に導ける理論とは?そんなコーポレートコーチングが勉強できる…
  2. コーチング

    セルフコーチング、自分を変える質問の力とは?自問自答が人生を変える。
  3. 習慣

    思わず納得!習慣化する方法は、この本の「行動変化の四つの法則」が最善だ!
  4. 原田メソッド

    目標達成する人が持っている共通のルールとは?原田メソッドおすすめ本で学ぶ
  5. コミュニケーション

    ミルトンモデルで楽なコミュニケーションを!人を動かすちょっとした言葉の使い方
PAGE TOP