原田メソッド



大谷翔平選手の目標達成シートを作成しただけでは目標達成できない理由。

大谷翔平選手が目標達成に使用した原田メソッドのツール「オープンウィンドウ64」で、「心・技・体・生活」を意識した行動目標を作成したとしても、それだけでは目標達成できません。

何故かと申しますと、目標達成するためには、オープンウィンドウ64で行動目標を立てるだけでは駄目なのです。

その行動を習慣化し、また自分自身を振り返りフィードバックしてくことも必要だからです。

当然、原田メソッドには、行動を習慣化するためのツールや、毎日振り返りするためのツールがあります。そこで今回は、そんな原田メソッドのツールが揃っている本を紹介します。

「目標達成ノート STAR PLANNER」です。

 

 

目標達成ノート STAR PLANNERの魅力

原田メソッドの実践に必要な4つツールとは?

原田メソッドには、目標達成に必要なツールがあります。4大ツールと言われてますが、それが次の4つです。

icon-check-square-o オープンウィンドウ64
icon-check-square-o 原田式長期目的・目標設定用紙
icon-check-square-o ルーティンチェック表
icon-check-square-o 日誌

大谷翔平選手が使った目標達成シート「オープンウィンドウ64」以外にも、目標達成に必要なツールがあるのです。

こういったツールを、自分で作って揃えようとすると、結構時間がかかります。でも大丈夫です。この本を購入すれば、原田メソッドに必要な4つのツールが手に入ります。どちらかというと、本というより手帳ですね。

↓参考までに本書のある1ページの画像を共有しますのでイメージを掴んでいただけばと思います。

STAR PLANNER

原田メソッドで4つのツールを使う理由

これら4つのツールを使って、目標を達成する可能性を高くしていくわけですが、なぜ4つもツールが必要なのでしょうか?

それは、原田メソッドは心を育てながら成果を出すことを目指していたからです。

本書P8から引用しましょう。

けれども、「自立型セルフマネジメント」では、パフォーマンス(成果)を高めていくことと、心を育てることを、同時に平行して行います。

1.未来を描く→心を使う
2.清掃、奉仕活動、エコ活動→心をきれいにする
3.日誌や活動を継続する→心を強くする
4.毎日の振り返り→心を整理する
5.感謝の気持ちを持つ→心を広くする

4つのツールを使って、「心を使い、心をきれいにする心を強くする心を整理する心を広くする」という、5つの心を育てていきながら、目標達成する確率を高めていくわけですね。そのために、4つのツールが役割分担をしていたのです。

①オープンウィンドウ64を使って、「心・技・体・生活」を盛り込んだバランスのよい行動目標を立てる。
②4観点シートで目標を広げる。(原田式長期目的・目標設定用紙)
③その目標へ向かうための行動をルーティンチェック表に落とし込み習慣化させていく。
④日誌を書いて、習慣化した行動を日々フィードバックする。

「なるほど」と簡単に言っていいものではなさそうです。このツールを作成した原田先生がどれだけご苦労されたかわかります。きっと膨大な時間を費やし、思考錯誤を繰り返したのでしょう。そうでなければ、心育てと目標達成を兼ねるツールを作成することができなかったと思います。

そして、その努力の結晶をこうして公開し世に広める活動されてます。子どもも使うことができるわけですから、そんな素晴らしいメソッドを開発してくださった原田隆史先生には、親として心から感謝したい気持ちでいっぱいです。

原田メソッドの日誌を書くことで身につく2つの力

原田メソッドの日誌は、以下の2つの力を身につけるために工夫されています。

・セルフマネジメント(自己管理、自律)力
・セルフコーチング(自立)力

自分に自信がない私にとっては、この2つの力を育てることは非常に大事なことです。普通の日誌や日記を書いていて、セルフマネジメント力やコーチング力が育つのかといえば、「はい」とは言えないと思います。何故なら、そういう力が育つように作られているとは限らないからです。

この点は、他の日誌ではなく原田メソッドの日誌を魅力になりますね。

まだあるよ!原田メソッド日誌で育つ8つの力

原田メソッドの日誌の素晴らしさは、以下のような能力がつくよう考えられて設計されているところです。
以前こちらの記事で紹介させていただいた「一流の達成力(P189)」から引用します。

日誌の持つ力は8つあると考えております。

1.タイムマネジメント能力を高める(前日に次の予定とエンドの時間を決める)
2.イメージトレーニング(明日を予測し、成功のための準備をする)
3.仕事の選択と集中(重要な仕事を事前に選択し、エネルギーを集中させる)
4.自己分析(1日の活動を振り返り、〇と✖を分析し、気づきを得る)
5.自信を高める(自己効力感と自己肯定感を自分で書いて高める)
6.プラス思考の習慣づくり(失敗をもし、もう一度やり直せるなら?で考える)
7.成功の習慣づくり(結果につながる自分のパターンやルーティン行動を続ける)
8.ゴール達成のための気づきを得る(達成目標をしっかり意識し、焦点化すると新しいヒントが見えてくる)

一流の達成力(P189より)

原田メソッドの日誌を続けるだけで、これだけの能力が鍛えられるのは知りませんでした。「人として成長しつつ目標達成することができるのは偶然ではなく技術だ」と原田隆史先生が言われることが、理解できました。

日誌を書く意味は成功者達が証明している

では、日誌を書いている方に、どのような成功者がいるのでしょうか。次のような方々がいるのがわかりました。

上村愛子(モーグル)、中村俊輔(サッカー)、本田 圭佑(サッカー)、石川遼(ゴルフ)、菊池雄星(プロ野球)、羽生結弦(フィギュアスケート)

やはりと申しましょうか。このようなアスリートの方々の活躍を見ていると、日誌を書くメリットはあることがわかります。日誌を書くことで成功が約束されているわけではないと思いますが、成功する人は日誌を書いてる人が多いです。

そういう良い習慣は真似するべきでしょう。

原田メソッドの日誌を書くことはセルフコーチング効果がある

私はいつも自分に負けます。何かを目標としてがんばろうと決意しても、いつの間にかあきらめています。だからこそ、目標を立てることも難しいし、努力をし続けることも難しいのはよくわかってます。

アスリートならコーチがいるから努力の継続はできるでしょう。目標だってはっきりしています。しかし、普通のサラリーマンがコーチをつけずに努力を継続するには相当強い意思の力が必要だと思います。一人でその強い意思を持ち続けるのはかなり厳しい話です。

だからといって、コーチング契約してコーチをつけることができるかといえば、そんなお金の余裕がありません。価格が高いコーチング料金は、普通のサラリーマンである私には捻出することが無理な話です。

そこで原田メソッドの日誌の出番になります。原田メソッド日誌は高額のコーチング費用を使うことなく、継続して書き続けることで、セルフマネジメント、セルフコーチング能力が育つわけですから、これほど子供や普通のサラリーマンに優しいメソッドはございません。

目標達成ノート STAR PLANNERまとめ

4大ツールを使いこなして成功者になろう

大谷翔平選手のが使用した目標達成シート「オープンウィンド64」が流行っているからと言って、WEBで書き方を真似して書いたとしてもそれだけは目標達成はできません。

人としてどうか、生活には問題ないか、よい習慣が形成されているか、そういったことをチェックしていく必要があるからです。そのために「原田式長期目的・目標設定用紙」「ルーティンチェック表」「日誌」などのツールがあるのでした。

私は原田メソッドをかなりリスペクトしてます。それは、原田隆史先生が、教え子の目標を叶えるために、膨大な努力をされて考案されたものだからです。つまり子どもでも利用できるのです。

大人も子どもも、仕事でも家庭でもアスリートでも、同じメソッドで目標達成できる。そんなメソッドはなかなかありません。それが、原田メソッドなのです。

家族のため、自分のため、地域のため、職場のため、何かしらの目標達成しようと努力している人は是非原田メソッドを学んでみてほしいと思います。

もしお父さんが原田メソッドを教えることができたなら、きっとお子様にとってよいコーチだと思いますよ。

 

ダイレクト出版のセールスライティング通信講座を検討中なら読んでおきたい書籍を紹介前のページ

この方法で人と組織を変えることができるって本当?「行動分析学マネジメント」レビュー次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 凝縮された学びに感動!「原田式メンタルトレーニング3時間で速習セミナー」体験談
  2. 緻密な文章を書きたいので、勇気を出してScrivener for windows…
  3. 大谷翔平選手の目標達成シートを作成しただけでは目標達成できない理由。
  4. 「不用品の寄付は親切じゃないよ!」と子供の一言。親として大反省しました。
  5. WordPressテーマTCD「MAG(tcd036)」のブログ7選!個性がキラ…

関連記事

  1. 原田メソッド

    なるほど!本質を学んでわかった大谷翔平選手の目標達成シートの作り方のポイント。

    ここで質問です。「オープンウィンドウ64」についてご存知じですか?…

  2. 原田メソッド

    自分を変えるためにどんな行動を習慣化すればよいのか?原田式メンタル教育で学べ。

    周りに変化を求める前にまず自分を変化させる。その変化を生み出す考え方や…

  3. 原田メソッド

    目標達成する人が持っている共通のルールとは?原田メソッドおすすめ本で学ぶ

    原田メソッドをご存じでしょうか?大谷翔平選手や菊池雄星選手が原…

  4. 原田メソッド

    凝縮された学びに感動!「原田式メンタルトレーニング3時間で速習セミナー」体験談

    1年の始まりに手帳を買っても、結局は白紙であり年末に捨てていました。何…

  5. 原田メソッド

    本番で力を発揮できる人になるために。原田式メンタルトレーニングで8つのスキルを磨こう!

    せっかくの努力が水の泡。本番で力を発揮できずに失敗ばかりしてしまうと、…

  6. 原田メソッド

    駄目な自分を動かす最強コンビ誕生!原田メソッド日誌とフランクリンプランナー手帳の合わせ技活用術。

    最近はいい手帳が多くて、夢追い人の私はパッと見ならどれも欲しくなります…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

WordPressテーマ TCD「MAG」

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. 人生

    プロフェッショナルとは何か?伝説の営業マンの名言から学べること。
  2. 思考法

    こんな付箋の活用方法があったのか!頭と心がスッキリする付箋活用術おすすめ本。
  3. 原田メソッド

    なるほど!本質を学んでわかった大谷翔平選手の目標達成シートの作り方のポイント。
  4. 学び

    自分の経験こそ自分の教師。人生をコントールするために学び方を学ぶ
  5. ライティング

    わかりやすい文章が速く書ける!そんな文章術の本を紹介します。
PAGE TOP