原田メソッド



本番で力を発揮できる人になるために。原田式メンタルトレーニングで8つのスキルを磨こう!

せっかくの努力が水の泡。本番で力を発揮できずに失敗ばかりしてしまうと、本番を迎えるのが怖くなって当然です。

私は本当に本番に弱いため、本番に強い人を見ると憧れてしまいます。ですが同時に、そういう強いメンタルを持つことは自分には無理だとあきらめてしまうヘタレなのです。

しかし、メンタルは日々の取り組みで鍛えることができると学びました。

今回は、私のようにメンタルをトレーニングしたい方におすすめな漫画本を紹介したいと思います。

『最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル』です。

 

最高の教師がマンガで教える勝利のメンタルについて

最高の教師がマンガで教える目標達成のルールとの違い

原田メソッドは本書「最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル」以外にもう一冊漫画があります。それは、前回紹介させていただいたこちらの漫画です。
★最高の教師がマンガで教える目標達成のルール

本書「最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル」との違いは、「最高の教師がマンガで教える目標達成のルール」は「心づくり」のメソッドであり、「最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル」は「どうプレッシャーを乗り超えていくか」のメソッドです。

「最高の教師がマンガで教える目標達成のルール」は心の内側を育てるノウハウ、「最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル」は外からの影響に対して強くなっていくためのノウハウ、と言えばわかりやすいでしょうか。

原田メソッドに関心がある方は、是非2冊とも読んでほしいと思います。

メンタルトレーニングの重要性

スポーツ選手と違い、会社で仕事をしているサラリーマンにとって、メンタルトレーニングの必要性を感じている人は少ないかもしれません。メンタルヘルスならわかりますが、メンタルトレーニングはアスリートがやるものと思われている人の方が多いと思います。
なぜ、メンタルトレーニングが必要なのでしょうか。

自分が望まない状況が生じたときに、自分を律し、最善の行動を取ることができるかどうか。それはいつか大差となって結果に表れます。
こう言うと、メンタルトレーニングは難しいことのように思われるかもしれませんが、実はそうではありません。
自分の気持ちや感情などのメンタルをコントロールする方法は、誰でもできる簡単なことです。しかし多くの人はその方法を知らない。知っているか、知らないか。実践しているか、実践していないか。その違いによって大きな差がつく。それがメンタルの力です。
~(中略)~
ただし、テクニカルな方法だけでは、本当の強いメンタルを持つことはできません。理想的なメンタルとは、そもそもプレッシャーがかかる大事な場面でも不安感や恐怖心が芽生えないように日頃から準備し、確実に実力を出し切れるようにすることです。つまり、自信を持って本番に臨めるようにする。それが本当の意味で「メンタルを強くする」ということです。
メンタルの重要性を一番よく知っていて、メンタルのコントロール方法を学び、しっかりと実勢しているのは、勝負の世界に身を置くトップアスリートたちです。本書は、オリンピックやワールドカップに出場する選手たちの勝利を支えるメンタルスキルを基本から教えます。

最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル(P1~3)

本番に平常心でいられるように自分の気持ちのコントロールできることは、アスリートだけでなくビジネスマンも重要なことだと思います。

また、自分の子供が本番で力を発揮するために、親としてどんな支援をしてあげれるでしょうか。そう考えるとメンタルトレーニングを学びの重要性は、ご理解いただけるかと思います。

私が、メンタルトレーニングの重要性を強く感じたのが、まさに子供がスクールの発表会で緊張して力を発揮できなかったときでした。しかも、2年連続で発揮できなかったのです。一生懸命練習していたにも関わらずです。父親としてサポートできなかったことが本当に悔しかったのは言うまでもありません。

そして私は、原田式メンタルトレーニング講座を受講しメンタルトレーニングを学びました。次の子供の発表会こそは、娘が力を発揮できるようメンタルのサポートをしてあげたいと思います。

そもそもメンタルってなに?

そもそもメンタルとは何でしょうか?

メンタルという言葉を使っておきながら、メンタルが何であるか説明するのが難しいことに気づかれると思います。

本書には記載されておりませんが、原田式メンタルトレーニングでは、メンタルは次の12の内容だと学びます。

競技意欲 ①忍耐力
②闘争心
③自己実現意欲
④勝利意欲
精神の安定・集中 ⑤自己コントロール能力
⑥リラックス能力
⑦集中力
自信 ⑧自信
⑨決断力
作戦能力 ⑩予測力
⑪判断力
協調性 ⑫協調性

この12の内容は、『心理的競技能力診断検査』と同じものです。

『心理的競技能力診断検査』により、メンタルは何かが定義されており、なおかつ測定できることがわかります。測定できるということは、マネジメントができるわけです。

例えば「自信」が一番点数が低いということは、「自信」を育てる取り組みをしていけばいいわけですね。

メンタルトレーニングの方法

では、原田式メンタルトレーニングによって、前述した12の内容からなるメンタルはどのようにトレーニングしていくのでしょうか。

原田メソッドの根底に流れている考え方に、「主体変容」があります。結果を人のせいにするのではなく、心の矢印を自分に向け、自分を変える。目に見える行動だけでなく、目に見えない考え方や姿勢、態度を変える。自分の「心」しだいで行動の質や結果も変わってきます。
この「自分の心」を自分でコントロールするための基本は、次の8つのスキルです。
8つのスキルは、スポーツだけではなく、普段の生活、ビジネスや人間関係においても、大いに活用できるものです。また、当別な時間を取らなくても、24時間、いつでもどこでも、取り組めるものです。

最高の教師がマンガで教える勝利のメンタル(P32)

原田式メンタルトレーニングは8つのスキルと原田メソッドのツールを使うことで、メンタルのトレーニングできるのです。
そして、8つのスキルというのは以下になります。

原田式メンタルトレーニング 8つのスキル
①目的・目標設定
②セルフコントロール
③イメージトレーニング
④集中力
⑤プラス思考(パフォーマンスの方程式)
⑥セルフトーク
⑦コミュニケーション(ストローク)
⑧予測と準備

この8つのスキルの使い方を学べるのが本書なのです。
そのひとつである、⑦コミュニケーション(ストローク)は、原田先生のこんな動画があります。お時間あるときに視聴してみていただけたらと思います。

最高の教師がマンガで教える目標達成のルール:まとめ

こんな時代だからこそメンタルトレーニングを勉強しよう!

前作「最高の教師がマンガで教える目標達成のルール」もそうですが、漫画と侮るなかれであります。私が受講した20万円以上する原田式メンタルトレーニング講座に匹敵するとは言い過ぎかもしれませんが、大切なことは語られていると感じております。

2020年7月現在、新型コロナウィルスの影響で世界中が混乱しております。そして、感染拡大防止のための移動制限、不要不急の外出禁止、テレワークなど、人との接点が少なくなり、メンタルに支障が出てくるケースも増加しているようです。

時代がそんなだからこそ、メンタルヘルスの知識やメンタルトレーニングなど、メンタルに関する知識はより需要になってくるかもしれませんね。

自分の気持ちのコントロールにご関心のある方は、漫画でさらっと原田式メンタルトレーニングを学ぶところからメンタル関連の勉強を始めてみてはいかがでしょうか。

 

目標達成する人が持っている共通のルールとは?原田メソッドおすすめ本で学ぶ前のページ

自分を変えるためにどんな行動を習慣化すればよいのか?原田式メンタル教育で学べ。次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. なるほど!本質を学んでわかった大谷翔平選手の目標達成シートの作り方のポイント。
  2. 「不用品の寄付は親切じゃないよ!」と子供の一言。親として大反省しました。
  3. ダイレクト出版のセールスライティング通信講座を検討中なら読んでおきたい書籍を紹介…
  4. 凝縮された学びに感動!「原田式メンタルトレーニング3時間で速習セミナー」体験談
  5. 緻密な文章書くためには勇気も必要、Scrivener for windowsの購…

関連記事

  1. 原田メソッド

    凝縮された学びに感動!「原田式メンタルトレーニング3時間で速習セミナー」体験談

    1年の始まりに手帳を買っても、結局は白紙であり年末に捨てていました。何…

  2. 原田メソッド

    自分を変えるためにどんな行動を習慣化すればよいのか?原田式メンタル教育で学べ。

    周りに変化を求める前にまず自分を変化させる。その変化を生み出す考え方や…

  3. 原田メソッド

    駄目な自分を動かす最強コンビ誕生!原田メソッド日誌とフランクリンプランナー手帳の合わせ技活用術。

    最近はいい手帳が多くて、夢追い人の私はパッと見ならどれも欲しくなります…

  4. 原田メソッド

    目標達成する人が持っている共通のルールとは?原田メソッドおすすめ本で学ぶ

    原田メソッドをご存じでしょうか?大谷翔平選手や菊池雄星選手が原…

  5. 原田メソッド

    大谷翔平選手の目標達成シートを作成しただけでは目標達成できない理由。

    大谷翔平選手が目標達成に使用した原田メソッドのツール「オープンウィンド…

  6. 原田メソッド

    なるほど!本質を学んでわかった大谷翔平選手の目標達成シートの作り方のポイント。

    ここで質問です。「オープンウィンドウ64」についてご存知じですか?…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

WordPressテーマ TCD「MAG」

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. 原田メソッド

    大谷翔平選手の目標達成シートを作成しただけでは目標達成できない理由。
  2. システムズアプローチ

    子供の問題行動には親としてどう対応すればいいの?家族関係を見直すヒント家族療法の…
  3. 原田メソッド

    目標達成する人が持っている共通のルールとは?原田メソッドおすすめ本で学ぶ
  4. 成人発達理論

    部下育成の課題に取り組む管理職の方は、成人発達理論で新しいリーダー像を目指してみ…
  5. 目標

    「夢がない」そんな若者に「夢を持て」と言う社会。それ、ハラスメントかも!
PAGE TOP