お出かけ



【夏休みのお出かけ】伊豆ぐらんぱる公園グランイルミで大興奮!その夜は疲れて眠る子ども達、眠れないのが恋人達。

今さらですが、伊豆ってスゴいです。楽しみは海だけじゃない、光の海も楽しめます。

伊豆ぐらんぱる公園の立体験型イルミネーショングランイルミは、まさにこの世の極楽浄土。生きながら天国が体験できます。

あまりにも光のパワーが多すぎて、どんなところだか覚えきれない、写真を取らなきゃ行ったことすら忘れそうです。

といわけで、記憶のためにスマホで撮影した伊豆ぐらんぱる公園グランイルミの写真をシェアしたいと思います。

伊豆ぐらんぱる公園のイルミネーション


 伊豆と言えばカピバラ(ほんまかいな)やっぱりいました。


光のトンネルに吸い込まれる感覚です

トンネルの先は・・・

光の海に海の生き物まで輝いてます。思わず興奮

光の波は続きます。なんだか癒されます


こんなところで結婚式を挙げれたらいいですね

高台からの撮影です。絶景です~、視力がいくつあっても足りませんね。んで左側は・・・

紫の光が高貴ですね。さっきのケーキも、あんな小さく映ってます。おとぎの国ってこんな感じなのかな

カピバラに囲まれ写真を一枚とりましょう icon-camera 

グランイルミのデートなら恋人達はここへ行け!

伊豆ぐらんぱる公園の恋人神社はカップルには激熱!


ええなぁええなぁ、今の若い人達はええなぁ・・・おじさんが若い時はこんないい場所なかったぞ

 icon-camera この写真を撮るときも次々に現れるカップル達がいなくなるのを待ち続けて、やっと撮影できました。

伊豆ぐらんぱる公園グランイルミに行こう!

我が家は伊豆ぐらんぱる公園の近くの宿に泊まっていたので、苦もなく行くことができました。こういうところは普通に行こうとすると混雑に巻き込まれるかもしれませんので、近くの宿に泊まった方がいいと思います。

それにしても、凄まじい光の量でした。
今の若い人はこんなところを当たり前のように経験できるのがうらやましいです。

どいつもこいつも美男美女でなんなんだ、コノヤロー。見事に景色に溶け込んでるじゃないか!目障りだ消えろ消えろ!お前ら絶対俺の前でキスなんかするんじゃねえぞ!

大変失礼いたしました。あまりにもカップル達がうらやましくて、心の中ではこんな風に嫉妬に狂う自分と戦ったものです。

伊豆ぐらんぱる公園は、イルミネーションだけではございません。遊園地でもありますので一日中遊べます。昼と夜で趣向が違った楽しみがあるのが魅力です。

子供達にはたまらん一日でしょう。
恋人達はきっと熱い夜を過ごすでしょう。
夫婦は・・・まあ、ほどほどに。

今年の夏は、伊豆シャボテン動物公園と伊豆ぐらんぱる公園グランイルミの両方に行く。そんなセットで伊豆旅行を楽しんでください。

【夏休みのお出かけ】親と子でサルと戯れ癒される。伊豆シャボテン動物公園は超おすすめ。前のページ

ISSAの歌声を聴かせてよ!「LIVE DA PUMP 2019 THANX!!!!!!! FINAL」武道館での悲劇。次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 本質を学べばわかる!大谷翔平選手の目標達成シートの作り方にはポイントがあった!
  2. ダイレクト出版は怪しい会社なのか?恐る恐る無料本を購入したその後の話。
  3. 凝縮された学びに感動!「原田式メンタルトレーニング3時間で速習セミナー」体験談
  4. WordPressテーマTCD「MAG(tcd036)」のブログ7選!個性がキラ…
  5. あれこれ使ってこれに決めた!マインドマップアプリは快適なSimpleMindがお…

関連記事

  1. お出かけ

    【夏休みのお出かけ】親と子でサルと戯れ癒される。伊豆シャボテン動物公園は超おすすめ。

    「夏の旅行どこに行く?」毎年妻に聞かれると反射的にカチンと頭にきてしま…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. コミュニケーション

    自分も相手も大切にしつつ自己主張するアサーションで、人間関係のトラブルを回避しよ…
  2. 夫婦関係

    結婚生活を円満に過ごすコツは愛情ではなかった!重要なのは、〇情!
  3. コーチング

    コーチングの基本を読んだ感想。足りないのは教わる側のスキルではなく教える側のスキ…
  4. マネージメント

    「原因追究は時間の無駄なのでうんざりだ。」そんな時は解決志向アプローチで問題解決…
  5. 組織

    駄目だ駄目だ!組織が変わらない理由を人のせいにしては駄目なんだ!
PAGE TOP