習慣



フォーカスリーディング高速学習講座を視聴した感想「この学習法を、学習することが大変です」

フォーカスリーディング速読マスター講座にチャレンジした結果、速読の習得は長期戦になることを覚悟しました。でも、高速で学びたい気持ちを衰えておりません。ならば次はフォーカスリーディング高速学習講座にチャレンジです。

どんな勉強するにしても、本や参考書を読み、頭に知識を入れるわけでありますが、良い結果を出している人すべてが速読をマスターしているわけではないでしょう。きっと、その人なりのよい学習方法があるはずです。

良い学習法のノウハウがない私は、それならば良い学習方法を学ぼうとフォーカスリーディング高速学習講座を購入してみましたので、その感想を書きたいと思います。

フォーカスリーディング高速学習講座のマイナス点

なかなかに良い講座でしたが、それなりに大変なところがあります。私にとってはマイナスだったことも、人によってはマイナスではないかもしれません。ここでの私の評価は「そういう捉え方したのか」といった程度の参考にしてくださればと思います。

理論編は動画が長い

音声講座なのですが、少し時間が長いかな。でも大事なところなので丁寧に説明されているというのが正解だと思います。ただ、忙しい方だと挫折するかもしれません。ポイントをまとめた資料があるわけではないので、理論を理解するためには繰り返し視聴する時間も必要でしょう。

それは、資格の取得など、これから何かしら学習をする予定がある人にはいいかもしれません。でも、今学習中で忙しい方は、さっさと理解したいでしょうから時間が長いのは面倒かもしれません。すぐに理論を理解できるなら別ですが・・・。

いずれにしても、ポイントをまとめた資料がほしいところです。「自分でまとめよう」という声があるかもしれませんが、高額な代金を払うのですから、そういうサービスがあっていいと思います。

英単語が少しめんどくさい

ところどころで英単語が出てきますので、英語に慣れていない私には不便なところがあります。例えば、IQ、EQ、PQ、SoQ、SQという言葉が出てきます。

どうでしょう、言われてピンときますでしょうか?

一応日本語での意味の説明があるにせよ、なるべく英語を使わないでほしいというのが私の感想です。例えば、「〇〇ってこういう意味です」と説明があった後に、しばらくして「それで〇〇がですね」が言われても、ピンとこないのです。

まあ、慣れと言えば慣れですが・・・。

ワークブックのどこに書けばよいか迷う

理論編になりますと、各章の説明のあと、ワークブックに書くよう指示されます。

でも「あれ?どこに書けばよいのだろう」と迷う箇所がありました。例えば「投資への意志」を記入する欄はどこにあるかよくわかりませんでした。

「まっ、そんなことは気にせずにワークブックに書いてしまえばいい」と単純に考えれば、できなくもない作業です。

でも本来なら、「ではワークブックの何ページを埋めましょう」という流れで進み、理論編が終わったらきれいにワークブックが埋まっているのが私が考える理想的な進み方なのですが、「多分ここらへんを書けばいいんだよな?」なんて考えながらだったので、学習のテンポがよくなかったです。

そのため少し面倒になり、途中からはあまり細かいところを気にせずさっさとワークブックを埋めてました。

※注:講座ではワークシートという言葉を使ってましたが、ファイルはワークブックになってますので、ここではワークブックとして表現を統一してます。

フォーカスリーディング高速学習講座のプラス点

理論編での寺田先生の話を聴いていて、なるほどと思った箇所がありました。その点をプラス点として紹介したいと思います。

アハ体験、学習効果は下がるんだって

アハ体験ってご存知ですか?

脳科学者の茂木健一郎先生がよく言ってます。「なんだっけなんだっけ?」って考えて、アハって思い出すあの感覚です。脳が活性化するとか言われてます。

そのアハ体験ですが、脳が活性化するかどうかは別として、学習効果は下がるのだそうです。何故なら学習効果はアウトプットの回数が重要だからです。アハってするまで悩んでいるのは時間の無駄とのことでした。知らんかった・・・。

「あれ?何だっけ?」と何秒も悩むよりも、1秒考えて思い出さなければさっさと答えを見てしまった方が学習効率はよいとのことでした。子供がいる方なら、子どもに対して、非常によいアドバイスになりますね。

この講座は、自分の学習スキルアップより、人に教えるスキルアップのつもりで購入した方がよいような気がします。

リスクヘッジという考え方は斬新

学習を成就する必須アイテムということで、リスクヘッジという考え方がありました。なるほど、そういう考え方があるかと目から鱗でした。5つある学習をさまたげるものの一つ、家族リスクについては非常に納得させられました。

誰のおかげで自分は勉強できているのか。その人の協力なしで学習ができるのか?その人に感謝しているのか?

私は場合、妻のおかげで勉強できています。妻の協力なしでは学習時間が取れません。そのことを感謝し態度で表わしているかと言えば、できていないと思います。感謝していないことで妻の機嫌をそこねて、夫婦関係が悪くなったら良い学習ができるかと言えば、答えはNOです。

ならば感謝して、時には家族サービスも優先するなど妻へのサービスも必要でしょって言われると・・・。

ごもっともでございます。

ワークブックが目標達成シートになっていて秀悦

この高速学習講座にはワークブックですが、これがなかなか優秀です。手帳や日誌を書く習慣がない人は、逆に日々の習慣にこのワークブックを使うことを取り入れてもいいかもしれません。

個人的な意見ですが、最近手帳を持つほどでもないかなって思うことが多いです。なぜなら、スケジュールやTODOリストなんてスマホのアプリで管理できるからです。

大事なのは日々の自分を振り返り反省するための日誌です。その日誌に相当する機能がこのワークブックにあるのがおすすめポイントです。

私は原田メソッドをやっているのでこのワークブックは使わないです。でもそれは原田メソッドより劣っているからではなく、ある程度の機能や目的が似ているので、2つ同じようなことをやる必要がないというのが理由です。

出会う順番が違っていたら、こちらのワークブックを利用していたかもしれません。

フォーカスリーディング高速学習講座

学習法を学習する時間がない

さて、フォーカスリーディング高速学習講座ですが、結論から言いますとキャンセルしました。

予想以上に本格的だったので、娘に伝授する学習法としてはいいかなと思います。しかし講座のやり方を理解するのに時間がかかります。今の私はその時間を捻出するのがおしいのです。

フォーカスリーディング系の商品は、理論がしっかりしているだけにじっくりと取り組む必要がある気がします。一回学習しただけで直感的にできるようになるものではないというのが私の感想です。

つまり、学習法を学習するのに時間がかかるのです。それでもその時間をかければ、後で大幅な時間短縮ができるという理屈はわかっているつもりです。

わかっているのですが、学習法を学習するために時間を使うなら他に優先したいことがあるというのも現実なのです。生きているって大変なのです。

もう少し価格が安ければ購入してそのまま保存しておけばいいのですが、すぐに取り掛かかれるほど簡単な内容ではないので、購入時期を様子見することにしました。多分、ダイレクト出版のメルマガでまたセールスしてくるでしょうから、その時に再購入するか検討したいと思います。オファーが強くなれば購入するかもしれまんがね。

というわけで、「フォーカスリーディング高速学習講座」感想はここで終わります。ご参考になりますように。

 

忘れる読書から成果につながる読書へ。フォーカスリーディング習得ハンドブックレビュー前のページ

子供の将来のためにも、日本はどうあるべきなのか?MMT国際シンポジウムで勉強してきました。次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. WordPressテーマTCD「MAG(tcd036)」のブログ7選!個性がキラ…
  2. ダイレクト出版のセールスライティング通信講座を検討中なら読んでおきたい書籍を紹介…
  3. 大谷翔平選手の目標達成シートを作成しただけでは目標達成できない理由。
  4. 駄目な自分を動かす最強コンビ誕生!原田メソッド日誌とフランクリンプランナー手帳の…
  5. 七福神よりご利益あり?DA PUMP新曲「桜」リリースイベントの握手会に行ってき…

関連記事

  1. 習慣

    これで積読解消なるか?ダイレクト出版フォーカスリーディング速読マスター講座に集中してみました。

    本を読むスピードと本を買うスピードどちらが早いか、読書が好きな方なら、…

  2. 習慣

    速読フォーカスリーディングの寺田先生には、感謝の言葉しかありません。

    有料コンテンツを購入したことがありますか? あるとしたら購入後どれだけ…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

WordPressテーマ TCD「MAG」

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. 人生

    プロフェッショナルとは何か?伝説の営業マンの名言から学べること。
  2. システムズアプローチ

    子供の問題行動には親としてどう対応すればいいの?家族関係を見直すヒント家族療法の…
  3. コミュニケーション

    ミルトンモデルで楽なコミュニケーションを!人を動かすちょっとした言葉の使い方
  4. 組織

    どんな組織でも目標達成に導ける理論とは?そんなコーポレートコーチングが勉強できる…
  5. 人生

    頑固な自分を変え、仕事と人生の教訓を教えてくれる寓話集「ものの見方が変わる座右の…
PAGE TOP