目標



「夢がない」そんな若者に「夢を持て」と言う社会。それ、ハラスメントかも!

「夢を持とう」よく聞く言葉です。しかし、私はこの言葉が当たり前のように語られることに疑問を感じております。

世の中の成功者達は、テレビや雑誌でイキイキとした姿を見せつけ、「夢を持とう、行動しよう」と素敵笑顔で語ります。何かに夢中で大人顔負けの夢を語る小学生もいたりして、夢を持つことの大切さが画面越しに伝わってきます。

しかし、夢がなかった私は、そんな輝かしい彼らの姿を眺めては嫉妬し、「夢を持とう」の言葉を聞いて、いつも劣等感を感じるしかありませんでした。

夢が無いことが生きづらく感じることがある社会。はたして本当に「夢を持つこと」は必要なのでしょうか。

 

 

ドリーム・ハラスメントとは

夢がないのに夢を聞かれる。そんな就活はハラスメント!

ドリーム・ハラスメントとは何でしょう。そういう言葉があるのをご存知でしょうか。しかしながら、一言聞いただけで、なんとなくどういう意味を持つ言葉であるか、直感が働く人も多いのではないでしょうか。ドリーム・ハラスメントの意味について、本書「ドリーム・ハラスメント」の「はじめに」で著者の高部大問氏は次のように述べています。

大学生の7割は以上は卒業後の進路で就職を選びます。その就職活動における面接で、彼らは夢を問われています。面接官を経験した方であれば、「あなたの夢を教えてください」「10年後どうなっていたいですか」などと大学生に夢を聞いたことがあるのではないでしょうか。
実はそれ、ハラスメントなんです。もちろんすべてではありません。なかには夢を持ち、夢の実現のために日々努力して生きている若者もいるでしょう。
しかし、私が現場で相談を受けるのは「夢なんて無いんですけど、どう答えればいいんですか」という嘆きや不満の声です。私はこれを「ドリーム・ハラスメント」と呼んでいます。嫌がらせだと感じる受け手が後を絶たないからです。

ドリーム・ハラスメント(P3~4)

10~20代の若い頃「夢を持たないと息苦しい」そう感じたことがある私にとって、著者の高部大問氏の考えには共感できます。今も、小学校の作文で「将来の夢」を書くところもあるかと思われますが、夢がないと書きづらい課題です。こういったところにも息苦しさがある気がします。

実際のところ将来どうなるか、そんな先のことはわからないものです。1年先のことすらわかりません。しかし、社会では多くの場面で「夢を持ちましょう」と聞かされます。(社会では、『夢』より『目標』という言葉が使われる場合が多いですが、同じような意味合いで使われる言葉として、ここでは『夢』に統一して表現してます。ただし、『夢』と『目標』は、厳密には意味合いは違うと考えてます)

「夢を持ちましょう」

わかっておりますが、若い頃の私には難しいことでした。それほど裕福な家庭ではなかったため、いつもお金の心配が絶えず、そのせいで何をあきらめることが多かった私は、何かに向かうことよりも逃げることの方が多かったのです。夢でさえ向かうより逃げるを選択してきました。

夢よりも安定を求めて、就職。でも、こんな仕事を一生の仕事にしたくないと夢を追いかけたくて退職。しかし、夢から逃げて、また安定を求めて就職。そしてまた夢を求めて・・・の繰り返し。馬鹿らしい生き方だったと思ったこともあります。

そんな私は現在、自分なりにいろいろ学ぶことで、過去の自分を馬鹿だと思わなくなりましたが、人に自慢できるほどの夢を持っているわけではありませんし、行動することに臆病な一面がないわけではありません。若い頃に定着した考え方の後遺症でしょう。

しかし、そんな後遺症にも効果がある良薬のような言葉が本書「ドリーム・ハラスメント」にはあります。その一部を紹介いたします。

人は夢を持って生まれてきたわけではない

私は今まで、夢がないと悩む人に対し、「夢がないからと言って悩む必要はないと思うよ」と励ましつつも、何故そう言えるか、追いかけの言葉が見つかりませんでした。効果的に励ますためにもここで追いかけの言葉ほしいのですが、センスがないため言葉が出てこないのです。しかし、次の一文は追いかけの言葉に相応しい名言だと思いました。

考えてみれば、人は誰しも、「叶えたい夢があるから是非生んでほしい」と両親に懇願してこの世に生を受けたわけではありません。夢は「無いのが普通」です。

ドリーム・ハラスメント(P9)

まさに目から鱗とはこのこと。そうですよ、そもそも夢を持って生まれていないのに、なぜ夢を持っていないことで悩む必要があるのでしょうか。
夢を持って生まれていないのだから、夢が無くて当然ではないですか。たしかに夢がある人がいますが、「夢があってよかったね、頑張ってね」と言ってあげればいいだけの話であり、夢がない人と比較して優れていると断言できるわけではないのです。

物が溢れている世の中で夢がないのは当たり前では?

いま、日本は夢を持ちやすい国なのでしょうか。物質的に豊かになり、「無いものが無い」という満たされた状況で、強烈に何かを欲するというのは万人にできることではありません。それなのに、私たちはつい若者たちに「夢は?」「やりたいことは?」と執拗に迫っていないでしょうか。

ドリーム・ハラスメント(P10)

>強烈に何かを欲するというのは万人にできることではありません。

この主張じたいは、極端な気がしますが、その前の「物質的に豊になり・・・」の部分は納得できます。例えば何か欲しいものがあるとします。お金がなくてなかなか買えなければ、欲しいという欲求は夢となるでしょう。しかし、お金があって簡単に購入できてしまえば、夢は叶ってしまうのです。

何かを得ることが夢だった場合、お金があればなんでも手に入る世の中に生まれたなら、夢を持ち続けることは難しいのではないでしょうか。すぐにお金で買えてしまうわけですから、次から次へと夢を考えなければなりません。もしかしたら、夢が無いという人は、とっくの昔に夢を買ったか何らかの方法で手に入れてるのかもしれません。

そう考えると、物質的に豊かであるということは、夢を持ちづらくしているのかもしれません。しかし、それはそれで良いことではないでしょうか。

夢を叶えた者は、はじめから夢を持っていたわけではない

そもそも成功者は、はじめから夢を持っていたのでしょうか。少し長文になりますが、参考になる箇所を引用させていただきます。

夢が組織の重要な原動力であることを明言しているのはソニーです。『Works 72』(リクルートワークス研究所)では「夢はソニーの根幹でありDNA」であると紹介されています。
ところが、創業者の井深大は、東京通信工業(現ソニー)を起業する際に夢を持っていたわけではありませんでした。そうではなく、官庁や放送局などから与えられた仕様書に基づきモノを生産する中で、「何か大衆に直結した商品をやってみたい」と思ったのです(「Sony History」同社オフィシャルサイト)。同社のもう一人の創業者・盛田昭夫も、創業当初は「その日その日を暮らして」おり、「何か仕事を見つけていく」ような状態で、とても「将来がどうなろう」などという「大きな望みなんて抱いていなかったというのが本当」と回顧しています(ビデオ『日本解剖 経済大国の源泉』NHKエンタープライズ)。
やはり、まず行動が先で夢は後から、が実態なのです。

ドリーム・ハラスメント(P29)

「行動が先で夢が後からである」つまり夢を描いて行動したら夢が叶ったというわけではないと主張されているようですが、著者のこの視点は非常に大切だと思います。

たとえば、スターバックスを成長させたハワード・シュルツ氏は「自分が会社の経営者になろうとは夢にも思わなかったと語っています(『スターバックス成功物語』日経BP社)。
同様に、いまや世界が熱狂し、アメリカの歴史あるニュース雑誌『TIME』の「世界で最も影響力のある100人」(2015年)にも選ばれた片付けコンサルタントの近藤麻里恵氏は、「まさか片付けが仕事になるとは」と予想だにしなったことを告白しています。(『人生がときめく片づけの魔法』サンマーク出版)

ドリーム・ハラスメント(P29~30)

やはり「夢を持ってたから夢が叶ったわけではない」というケースの紹介です。ビジネスにおいては、こういう行動が先で成功されたパターンが多いのではないでしょうか。

この例だけをもって、夢はなくてもよいと断言できませんが、それほど必要なものかと言えばNOと言えるでしょう。

ですから、自己啓発セミナーで「夢を叶えるノウハウ」などを販売している方々も、きっと最初は夢なんて持たずに行動して成功した可能性が高いと思われます。しかし、成功したとたん「夢を持て」といって自分の成功例を商材として販売しているようですが、はたしてそういう人の言うとおりに行動して成功した方はどれくらいいるのでしょうか。

夢を持たずに成功している方がたくさんいるわけですから、お金を払ってまで夢の叶え方を買う必要はないと思います。

夢を持つヒント:キャリア・アンカー論

①キャリア・アンカー理論
心理学者エドガー・シャイン氏が提唱したキャリア・アンカー理論によると、個人が組織からの影響を受けても決して「失われないもの」があり、それをキャリア・アンカー(キャリア・アンカー wiki)と言うそうです。そのキャリア・アンカーに夢を持つヒントがあると著者は言います。

アンカーとは「錨」。人生という航海をするなかで揺るぎ無いものを錨に喩えました。
具体的には「自覚された才能・能力」「自覚された動機・欲求」「自覚された態度・価値」の3つの成分がブレンドされたものを指すとされています。すべてに「自覚」が含まれているように、客観的な診断結果などではなく、主観的な自己イメージがキャリア・アンカーです。
では、その揺るぎ無い錨はどうやって自覚できるのでしょうか。シャイン氏は、次の3つの問いが自分のキャリアの拠り所を探る出発点であるとしています。
①自分は一体何が得意か
②自分は本当のところ何をやりたいのか
③何をやっている自分に意味や価値が感じられるのか

ビジネスが界では、①をCAN(できること)、②をWILL(やりたいこと)、③をMUST(すべきこと)と簡略化して、まず③MUST(すべきこと)を実行し、①CAN(できること)が増えれば、自ずと②WILL(やりたいこと)が生じる、と提唱されることがあります。

ドリーム・ハラスメント(P211~212)

すべきことがあり、なんとかこなしていくうちにできるようになり、やりたいことがみつかる。前述しました成功者もこのパターンですね。

『プロ野球選手になりたい』という夢を持ってから野球をはじめた人もいるでしょうが、野球をはじめてから『プロ野球選手になりたい』という夢を持った人もいます。後者のようにやってみてから夢を持つこともあるわけです。自分は何になりたいのかと自分探しをするよりも、『今やっていること』に今以上に真剣に取り組んでみることも夢を持つヒントになるかもしれませんね。

みうらじゅんさんも、『「自分をなくす」ほど、我を忘れて夢中になって取り組んでみることです。新しいことはそこから生まれます(「ない仕事」の作り方:P6より)』と語られてますしね。

無料でキャリア・アンカー診断が受けれるそうです。やってみましょう!

ドリーム・ハラスメント:まとめ

夢がある時や夢がない時の過ごし方こそ大切なこと

ぼんやりとしか夢しか持たず、行動することに臆病な私はどうしたかというと、目標達成のメソッドである原田メソッドを学学びました。そしてやっぱり「夢を持つこと」の大切さがわかりました。しかし、同時に、夢を持っていない人に「夢は何か」とか「夢を持とう」と言うことは、ハラスメントであるという視点。この視点を持つことも大切なのがわかりました。

それに夢が叶ったあとも、人生は終わりではありませんから、一度は夢がない状態になるかもしれませんし、すぐに次ぎの夢をもつかもしれません。夢を持ったり夢をなくしたりはずっと続くのです。

夢を持つことは大切でしょうけど、生きていれば「夢がある時」や「夢がない時」、両方の「時」があります。大切なのは、どうありたいかという方向性「夢がある時」はどう達成させるか、「夢がない時」はどう生きるか、それぞれの「時」でどう過ごせばよいか、その方法だと思います。

そして、その方法ですが、「夢がある時」は原田メソッドの活用がおすすめです。目標達成のメソッドとしては、原田メソッドは非常に優れたものだと思います。ただし、こういうメソッドは好みがあります。七つの習慣が合っている方はそちらを活用すればいいし、苫米地式コーチングが合っている方はそちらを活用すればいいでしょう。

では、「夢がない時」はどう生きるかについては、スラムダンク勝利学の辻メソッドがよいかなと思ってます。『夢』と『目標』をわけて考えてるのもポイントです。それについては次回書きたいと思います。

 

親ができる子どもがやる気になる声かけとは、心の支援を意識した言葉選びにあり。前のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 凝縮された学びに感動!「原田式メンタルトレーニング3時間で速習セミナー」体験談
  2. WordPressテーマTCD「MAG(tcd036)」のブログ7選!個性がキラ…
  3. 駄目な自分を動かす最強コンビ誕生!原田メソッド日誌とフランクリンプランナー手帳の…
  4. あれこれ使ってこれに決めた!マインドマップアプリはSimpleMindが快適でお…
  5. これで積読解消なるか?ダイレクト出版フォーカスリーディング速読マスター講座に集中…

関連記事

  1. 目標

    人生や仕事の目標がわからない、見つからない、思いつかない。そんなときのおすすめ本は?

    人生にしても仕事にしても、目標がないときに「目標は?」と言われるのは嫌…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

WordPressテーマ TCD「MAG」

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. 成人発達理論

    部下育成の課題に取り組む管理職の方は、成人発達理論で新しいリーダー像を目指してみ…
  2. 人生

    ポジティブ思考は、ただ満足しただけで終わるかも。その解決策WOOPの法則とは?
  3. 目標

    「夢がない」そんな若者に「夢を持て」と言う社会。それ、ハラスメントかも!
  4. 夫婦関係

    結婚生活を円満に過ごすコツは愛情ではなかった!重要なのは、〇情!
  5. 成人発達理論

    仕事ができないのは何が原因か考えたことがありますか?人の能力と成長について学びま…
PAGE TOP