政治経済



努力を実らせるために、藤井厳喜のワールドフォーキャストの有料会員に入会します。

今までの人生、思い返すと不況にはさんざんな目に遭わせれました。バブルが弾けた後のときは就職難、リーマンショックのときは給料減といったように、それまでの努力が一瞬で無駄になったものです。

平成30年間、不況の影響をかなり受けているにも関わらず、政治・経済に関心を持たず過ごしてきました。とくに景気は自然現象という認識でいたくらいですから、我ながらひどい大人です。

そんな私でも、2018年から始まっている米中の貿易戦争が要因で、何やら予想以上の大不況が訪れそうな嫌な予感くらいはあります。いつまでも政治経済に無関心ではいられません。なぜなら、今や妻子を養う身だからです。独身時のように自分の人生だけなんとかすればいいというわけではないのです。

「どうすれば家族を守れる知識や先見力を身につけることができるのだろうか?」

その課題に真剣に取り組むときがきました。

藤井厳喜のワールド・フォーキャスト

ワールド・フォーキャストを観に行く

 

 

 

 

 

 

藤井厳喜のワールドフォーキャストにお試しに入会

不況に備える知識をつける質のいい情報とは?

振り返れば、いい大人のくせに国際情勢に関心がなかったことが、前半人生の失敗の原因でしょう。であるならば話は簡単です。人生の後半は、質のいい情報を入手することから始めるしかありません。

しかし、「国際情勢、政治経済の情報を知ったところで、何が自分の利益になるのか?」2019年1月以前までは、このような考えでした。

国際情勢なんて、話のスケールが大きすぎて自分の財布と結びつかず、正直ピンときません。セールスライティングやマーケティング商品に投資した方が、自分の利益になる考えてましたので、お金を払ってまで政治経済関連の有料情報を視聴するつもりは、ありませんでした。

しかし、昨今の米中貿易戦争や日韓問題は、日本に大きな影響を与える問題に発展しそうで、想像以上の出来事に発展する気がします。戦争とまでは言わなくても、一般庶民に何かしら影響を与えるでしょう。このまま無関心でいたせいで、被害を被るのは避けたいため、マスコミでは報道されない情報を先に入手し不況に備える知識を身につける、そんな対策ができるようになりたいところです。

では、池上彰氏をはじめテレビ番組から世界情勢の勉強するのはどうでしょう?

いやいや、信用してよいもの疑問があります。そもそも、テレビは間違って報道しても謝るだけで責任を取らないことは、これまでの人生経験でよくわかっております。テレビ情報を鵜呑みにするのは危険な気がします。そろそろ情報入手先を変え、マスコミに惑わされない視点を持てるようにしておかないと、いつまでも情報弱者のままなのです。

藤井厳喜のワールドフォーキャストにお試し入会する

そんな課題を抱えていたときに、ダイレクト出版からタイミングよくセールスされたのが、藤井厳喜の「ワールド・フォーキャスト」です。1ヶ月の無料お試し期間があり、保証期間中に解約しても、特典は貰えます。特典は次のようなものでした。

icon-check 藤井厳喜の「ワールド・フォーキャスト」月額購読特典
「日本人が知っておくべき世界の裏側」全6講義セット
Vol.1 「メディアの嘘・捏造・情報操作」 1時間16分
Vol.2 「中国バブル崩壊と軍事暴走」 1時間17分17秒
Vol.3 「中国イギリス金融戦:AIIBと地に堕ちた大帝国」 39分52秒
Vol.4 「グローバリズムvs国家連合:金融システムが崩壊する日」 40分44秒
Vol.5「アングラマネーとタックスヘイブン:世界の税金戦争」 50分01秒 
Vol.6「いまさら聞けない従軍慰安婦の全貌」2時間1分09秒

これは、強いオファーです。まずは、初月無料、そしてこれだけの特典情報、解約しても特典はGETできるとのこと。特典コンテンツだけを無料でいただくなんて悪い気がしますが、そこがダイレクト出版のいいところ。それにコンテンツのタイトルを読むとわかりますが、視聴すればかなり知識が深まりそうな気がします。

迷う必要はありません。お試し入会することにしました。

藤井厳喜のワールドフォーキャストの動画を視聴してみた

藤井厳喜氏の予測の精度は?

藤井厳喜の「ワールド・フォーキャスト」2月上旬号のニュース解説に、「米朝・米中首脳会談」がありました。その解説で、「米朝首脳会談」2回目(2019/2/27)は、「現状維持で終わるだろう」と予測されておりました。

この予想は意外でした。なぜなら、メディア情報は、アメリカと北朝鮮は良い関係になったという空気が漂っていたからです。ですから、「北朝鮮と米国が仲良くなった場合、日本は今後、北朝鮮とやりとりをしていくのが難しだろうな」というのが、私のイメージでした。

そこへ「現状維持で終わるだろう」と予測されたのです。何故、そう言われるのか、理由も説得力がありました。

しかし、私としてはまだ、半信半疑でした。

ワールドフォーキャストを退会するか悩やむ

「でも、この情報って、自分の利益になるのだろうか? やはり事実を知るだけならニュースで間に合う。わざわざ、情報に金を払うなんて、もったいない気がする」

すぐに目先のお金の損得を考えるのは私の悪い癖ですが、良い情報だからと言って月額料を払い続ける必要があるかどうかは、財布の都合もあり悩むところでした。

感情的な私の思考は、解説が面白いので月額会員として継続したいのですが、論理的な私の思考は不要と判断しております。いつもなら感情が勝つので購入してしまいますが、やはりお金が勿体なく、今回は論理が勝ちました。よって、お試し視聴期間終了で、ワールドフォーキャストを解約することにしました。

藤井厳喜氏の予測は当たった!

「ワールド・フォーキャスト」を解約した後、「米朝・米中首脳会談」2回目(2019/2/27)の日を迎えました。

「さて、米朝首脳会談はどうなることやら・・・」藤井厳喜氏の予測が外れて、私の解約が正当化されるとありがたいのですが、実際はどうだったか・・・

なんと、米朝首脳会談は決裂!とのニュースです。

おお!藤井厳喜氏の予測、当たってるではありませんか!!

どうしてなのか藤井厳喜氏の解説を聞きたいのですが、すでにワールド・フォーキャストは解約済でした。なんだか解約したことが間違っている気がしてきました。

当たり前ですが、ド素人の私の予測なんて、世界には通用しないのです。こういう世間知らずのままですと、私はまた己の無知のせいで、努力で得たものを失うかもしれません。そして、不況という私個人の力ではどうにもできない怪物の前に、またもや愚痴と不安だけの日々を過ごすことになります。しかも今は家族もいますので、責任もありますから、愚痴ってばかりではカッコ悪い親父です。

そう考えると、現時点でも結構追い詰められているわけであり、このままでいいわけありません。

努力が報われるかは自分次第

不況対策のための準備

2019年現在の米中貿易摩擦は、日本経済に打撃を与えるであろうことは素人でも予測できます。しかも、そんな状況下で消費増税されようとしてます。かなり高い確率で、日本は不況になるはずです。この程度の予想は素人でも当たりそうです。

もし不況になるとしたら、次の点について考えておく必要があります。
・努力で得たスキルは、不況に強く稼げるのか?
・お客がお金を使わない時代になったら、努力で得たスキルが水の泡になるのではないか?
勉強・努力に投資するより、不況に備えて少しでも多くのお金を貯めておいた方がいいのではないか?

不況は自然災害と同じように、努力を無にする力があります。しかも、無になるのは自分の努力だけではありません。家族のために運用している貯金、NISA、保険といったさまざまな金融資産も無になるかもしれません。

私は景気が悪くなっても余裕でいたいと考えています。だからこそ、副収入で稼ぐためのビジネススキルを勉強しているわけです。ですから、勉強や努力への投資は今後も続けたいのです。

投資には、「時間」の投資と「お金」の投資があります。「時間」と「お金」ですから、自分だけの問題で済むわけありません。一緒に生計する妻と娘を巻き込んでいるわけです。

家族のためにも、自分の努力が報われるよう今から準備しなくてはなりません。

どんな準備したら不況時の勝ち組になれるか?

リーマンショックを予測できたから、先にドルを売却して利益を出せた人もいれば、リーマンショックを予測できずに、株価が下落してからドルを売却し損をした人もいます。

前者の利益を出せた人は、経済的余力があるでしょうから、不況時でも勉強や努力へ投資ができるでしょう。後者の損をした人は、経済的ダメージが原因で、勉強や努力への投資ができないかもしれません。そんな後者には絶対になりたくありません。

勝ち組になりたいなら、新聞やテレビのニュースがだけでなく、質のよい情報を先に入手し、先読みできる力をつける必要があります。他人任せでは駄目なのです。

ワールドフォーキャストの継続会員になるべきか?

政治経済の情報は今の自分の利益にならないから、月額料を払ってまで視聴する価値なしという私の考えは、私の現状を見直すと、間違った考えなのでしょう。

政治経済の情報に投資することが利益にならなくても、自分の努力や金融資産をマイナスにしないことに役に立つならば、結果としてそれは利益になると言えるからです。

今回の「米朝首脳会談」の結果予測、私は外し藤井厳喜氏は的中しました。この当たり前の出来事は、今まで政治経済の情報に対し、お金を払うことに価値を感じなかった私が、価値を感じるきっかけになってしまったのです。

決めた!ワールドフォーキャストの継続会員になろう!

無料ならいいかと申し込みした「藤井厳喜のワールド・フォーキャスト」は、質の高い情報を面白く感じつつも、月額料金を払うくらいなら、そのお金を他のことに投資すると決め、一度解約しました。

しかしながら、ダイレクト出版と経済科学出版が、怒涛のごとく政治経済のメルマガ攻撃をしてきたことで、さまざまな新しい知識が流れ込んできました。そのおかげで、政治経済への意識が変わり、世界情勢を知って景気を上手に泳ぎながら、努力を実らせる必要があると考えが変わりました。

何も情報を得なければ、不況になったとき、無力な自分の姿が想像できます。いえ、不況だけではございません。何かしらパンデミックが起きたとき、右往左往して情けない自分、家族すら守れない自分が目に見えています。その不安と恐怖への早期対策のため良い情報を入手していこうと決意しました。

このような心境が変化によって、藤井厳喜の「ワールド・フォーキャスト」の月額コースを再入会することにしました。

藤井厳喜のワールドフォーキャストに再入会

藤井厳喜のワールドフォーキャスト3月号の動画を視聴する

再入会した藤井厳喜のワールド・フォーキャストですが、早速、米朝首脳会談の件、藤井厳喜氏の続きの解説が気になりますので視聴しました。

米朝首脳会談について、マスコミは「会談は決裂」という表現が目立っていましたが、藤井厳喜氏はその表現は正しくないと言われます。なぜなら、現状維持だからです。「決裂ということなら、米国は北朝鮮に対して攻撃準備する、北朝鮮は核実験を開始するということでしょう」ということなのです。

藤井厳喜氏は2月号も言っていましたが、米国は核実験や長距離ミサイルを飛ばすようなことはしないという約束を北朝鮮に守らせているので、現時点ではそれで十分ということらしいのです。だから現状維持でじゅんぶんであり、決裂ではないとのことなのです。

「そういう見方があるのか・・・」いかにマスコミの情報に踊らされてはいけないか、あらためて学ぶことが多いです。

トランプ大統領は、マスコミ情報では評判がよいとは言えません。しかし、藤井氏から聞かされるトランプ大統領の人物像は、マスコミ情報からイメージする人物像とはまったく違い、戦略家のようなイメージです。また、今のところ日本にとっては、都合のよい政治家のようです。

その藤井氏の情報が、正しいか正しくないか別として、世間とは違う視点を持てるというのがこういう政治経済の情報を入手していて価値を感じるところです。

他にもワールド・フォーキャストでは、以下のようなことが初耳でした。
icon-check 日産自動車前会長ゴーン問題、東京地検特捜部が動いた背景は?
⇒東京地検特捜部にそんな歴史的背景があったなんて知らなかった・・・
icon-check 各新聞社はなぜ消費税増税に反対しないのか?
⇒なるほど、マスコミは相変わらず、ずるいですね。

かなり、視点が変わる情報が満載でした。普段から視聴している人にとっては当たり前の知識なのでしょう。「住む世界が違う」と思った次第です。

藤井厳喜のワールドフォーキャスト:情報弱者から情報強者へ

ワールドフォーキャスト月額1980円(税抜)は高いか安いか?

ワールド・フォーキャストは月2回配信され、1ヶ月1980円(税抜)での提供となってます。この価格を高いとみるか、安いとみるか。最初は高いと思い解約しましたが、今は安いと思ってます。

というのも、雑誌を購入し読んでみても、文字の多さに途中から読むのが嫌になることが多々あります。しかも、ゆっくりと読む時間も取れないため、読まないで終わることもあります。買うだけ無駄になっているのです。

それに雑誌を2冊購入した金額は、「ワールド・フォーキャスト」の月額料です。雑誌を2冊を購入しないかわりに、「ワールド・フォーキャスト」に入会するなら、消費金額は今までとほとんど変わりません。

あとは、有料情報に入会し国際社会を読める知識を得ることが、本当に自分に役に立つかどうか再検討です。中途半端に知識を得ても、やけどしてしまうからです。できれば、他にもメリットあるとやる気がでます。

この点については、いろいろと想像を膨らませてみました。

すると、自分よりご年配の方と話すときなど、役に立ちそうと気づきます。感覚的ですが、ご年配の方は政治経済情報を意識している方が多いと思われます。仮に知り合ったご年配の方が経営者で、自分とビジネスチャンスが生まれたら、政治経済の知識は話のネタとして役に立つこと間違いなしです。新たな人脈作りができるかもしれません。

少々強引な考えかもしれませんが、このように考えればメリットはたくさんあります。

しかし、本来目指すところは勝ち組です。情報弱者が負けていても、自分は勝っている。そういう情報強者になるために有料情報を視聴するのです。ならば、平和なうちに準備する必要があります。そう考えると1980円(税抜き)は、やっぱり安いと思えるのです。

日本や世界情勢の先読みをし、自分の今までの努力が報われるような人生を送りたい。
そのためには、図々しくともお試し視聴の保証を使って、情報の質を確認するところから始めてみるのもありな選択だと思います。

藤井厳喜のワールド・フォーキャスト

画像をクリックしてワールド・フォーキャストのサービス詳細を観に行く

 

 

 

 

 

ワールド・フォーキャストのサービス詳細を観に行く

七福神よりご利益あり?DA PUMP新曲「桜」リリースイベントの握手会に行ってきた。前のページ

メタ思考や抽象化とは、どういう意味か説明できますか?次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. これで積読解消なるか?ダイレクト出版フォーカスリーディング速読マスター講座に集中…
  2. あれこれ使ってこれに決めた!マインドマップアプリはSimpleMindが快適でお…
  3. 「点字ブロック上は邪魔だらけなのに・・・たくましいね」キラりと光る、生きていく強…
  4. 凝縮された学びに感動!「原田式メンタルトレーニング3時間で速習セミナー」体験談
  5. 駄目な自分を動かす最強コンビ誕生!原田メソッド日誌とフランクリンプランナー手帳の…

関連記事

  1. 政治経済

    マスメディアに惑わされずに、本当の国際情勢を知るには?藤井厳喜のワールド・フォーキャスト【ダイレクト…

    国際情勢や日本の政治に無知のままでいると、何か大きな出来事が起きたとき…

  2. 政治経済

    お金の流れで世界の裏を知る!堤未果の月刊アンダーワールド【経営科学出版】

    2020年1月下旬からの新型コロナウィルス騒ぎで気づいたのですが、マス…

  3. 政治経済

    家族や愛する人を守るためにも、騙されない人になる。丸谷元人の月刊インテリジェンスレポート【ダイレクト…

    「もし日本でテロが起きたら、国家は、自分は、愛する家族を守れるのでしょ…

  4. 政治経済

    日本のテレビでは得られないあの大国の詳細情報がわかる。河添恵子の国際情報アナライズ【経営科学出版】

    日本のマスメディアのニュースを見ると、米国を叩くニュースは多くあります…

  5. 政治経済

    分析や戦略に感情は不要!北野幸伯のパワーゲーム【ダイレクト出版】

    世の中、さまざまな言論人が好きなように意見をいっており、そのどれもが正…

  6. 政治経済

    情報弱者にならないために視聴しておきたい月刊サービス【ランキング】

    2020年5月現在、相変わらず日本は1月末から続いている新型コロナウィ…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

WordPressテーマ TCD「MAG」

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. セルフイメージ

    「自己肯定感が低い人」から変わる方法。自己肯定感を高めるノートを書いてみよう!
  2. 原田メソッド

    大谷翔平選手の目標達成シートを作成しただけでは目標達成できない理由。
  3. 夫婦関係

    破綻した夫婦関係を修復する7つの会話とは?夫婦関係がギクシャクしたらこの本読んで…
  4. 人生

    片付いてスッキリ!断捨離で物が捨てられない人から捨てられる人になろう!
  5. 成人発達理論

    仕事ができないのは何が原因か考えたことがありますか?人の能力と成長について学びま…
PAGE TOP