人生



もう自分探しは終わりとなるか!エニアグラムの9タイプで、自分の活かし方を学んでみよう。

人は、自分のことと相手のこと、どちらのことをよくわかっているか疑問に思うことがあります。

「自分はなぜそのとき怒ったのか、そして何故その後反省しているのか」怒った自分、反省している自分、どちらが本当の自分なのかよくわからないのです。

私は社内システム保守という仕事のため、よく問い合わせを受けます。受けていて気付くのですが、だいたい問い合わせをしてくる人は同じ人が多いです。また、似たようなタイプからの問い合わせが多いです。

そう、今タイプという言葉を使いましたがタイプって何でしょう? 人を分類するとき、好きなタイプ嫌いなタイプという言葉を使いますが、当たり前のように使っているタイプとは何か、理解しているのでしょうか。

とはいえ、定義があやふやなまま使っても、なんだかんだと役に立ってしまっているタイプですが、そのタイプをきちんと定義付けたものがあります。それがエニアグラムです。

自分はどんなタイプなのか、相手はどんなタイプなのか。もしそれがわかったとしてら、価値あることになるでしょうか。
今回はエニアグラムについて、良い文庫本があったので紹介したいと思います。

 

エニアグラムの無料診断で、さっさと自分を見つけてしまおう!

エニアグラムの9タイプ、どれに当てはまる?

エニアグラムは、自分探しで深い思考をお持ちの方には、分殺で答えが見つかるすぐれものです。もし、自分がどのタイプであるか知りたいなら、本書かエニアグラム関連本を購入し診断テストをしてみるもよし、エクアグラムでキーワード検索して、無料で診断を受けもよし、割とあっさりタイプがわかります。

なお、本書では、エニアグラムの9タイプを以下のように表現しています。

タイプ1:完全でありたい人
タイプ2:人の助けになりたい人
タイプ3:成功を追い求める人
タイプ4:特別な存在であろうとする人
タイプ5:知識を得て観察する人
タイプ6:安全を求め慎重に行動する人
タイプ7:楽しさを求め計画する人
タイプ8:強さを求め自己を主張する人
タイプ9:調和と平和を願う人

このタイプに対する表現は、本・各サイトによって若干違いますので、混乱するかもしれませんが、内容はだいたい同じです。紛らわしいので、統一してほしいものです。

もし、自分探ししている方は、本書でもいいですし、インターネットでもいいと思いますので、即効で診断を受けてしまいましょう。無料で診断できるところが多いですよ。

 

エニアグラムを学ぶ意味

エニアグラムとは、人間の性格を9つに分類した性格タイプ論だというのは、前述したとおりです。では、学ぶことでどんな得があるのでしょう。

このエニアグラム本の著者 鈴木秀子さんの「はじめに」から引用してみましょう。

エニアグラムが目指すのは、あなたが、よりよく生き、あなたの能力や個性を最大限に生かすための知恵を提供することである。エニアグラムを学ぶことで、あなたはまず、しがらみや囚われから解放され、自由になった自分を知ることができる。そして、自分のよい部分と悪い部分を知り、それをすべて受け容れ、自分自身と仲よしになる実感を味わうことになる。さらに自分を受け容れるのと同じように、他の人も受け容れることができるようになり、その結果として、人間関係の劇的な改善を体験することになる。

9つの性格(P4)

占い好きな人が飛びつくようなメリットではありませんか。ちょっと盛っているのかなと思いきや、あながち嘘ではないことが、読んでいてわかります。

エニアグラムで自己分析

本書のP40からの質問診断で自分のタイプを知ることができます。診断をしてみるとわかると思いますが、あきらかに自分の考えではないタイプと、自分の考えにかなり近いタイプがあることに気づくと思います。その違い、結構わかりやすかったです。読めばきっと多くの人が、納得して自分のタイプを受け入れるのではないかと思います。自己分析としてはよいツールですね。

なお、私はタイプ5かタイプ8のどちらかのようです。他サイトの無料診断ではタイプ5でしたので、限りなくタイプ5が私のタイプとして正解に近いと思います。が、ここで喜んでいる場合ではありません。自分のタイプを知り、「タイプ5だね、へぇ」って感じで終わるなら、動物占いとあまり変わりがありません。

そこで、まずは自分の囚われを知りましょう。囚われというのは、こだわりや恐れ、慢心につながる感情です。本書では、P86以降から各タイプの囚われという感情を知ることができます。

囚われを知ることにより、自分の心のバランスを取ることができます。どういうことかと言いますと「欠点をあらかじめ知っておけば、対策打てるよね」ということですね。

各タイプの囚われについても、納得できるところと、納得できないところがあります。私はタイプ5かタイプ8の囚われは当てはまっていると思いましたが、他のタイプのは囚われは、それほど当てはまっているとは思えませんでした。例えばタイプ5とタイプ8の囚われはこうです。

タイプ5の囚われ:空虚さを避ける
タイプ8の囚われ:強さを誇示し、弱さを隠す

タイプ5の囚われの説明で、「知識に基づく正確な判断に自信があるので、どんなことでも自分ひとりで考え、そして、ひとりでものごとを追求していくことが肝心だと信じている」というところや、タイプ8の「他人の弱点をすばやく見抜くのもタイプ8の特技で、挑まれると容赦なく相手の弱点を攻撃する」というところは、納得しすぎてぐうの音もでません。

こういうところからもエニアグラムの9タイプ分類は、精度が高いと感じます。

なお、P102からは各タイプの「時間」に関する囚われが紹介されていてちょっと面白かったです。タイプ5とタイプ8の時間の囚われについての説明文の見出しは次のように説明されてます。

タイプ5:時間の傍観者だが、時間の不足に常に悩む
タイプ8:時間は、自力でコントロールすべきもの

これも個人的には納得してしまっています。怖いくらいに・・・。

エニアグラムを成長に活かす

さて、自分のタイプを知り、どんな囚われがあるかがわかりました。あらかじめ囚われがわかっているなら、対策を打てます。悪い方に行かないよう自制がきくでしょう。

「で、どうする? 心のバランスを取るだけでいいのか。いやよくない。自分を知りたいと思うのは、自分を成長させたいからだ。本当の自分はどうすれば成長でき、何をしたら駄目なのか。それを知らなきゃ自部探しの意味がない」

こう思うわけです。そしてもちろんエニアグラムはそれでは終わりません。P210以降で、ストレスのときや安定のときなど、各タイプの良いとき悪いときの特徴について学べます。どういう風に自分を導けばいいか、どうしたらよくないのかについて、ヒントになると思います。

というのも、エニアグラムの各タイプには、良い方向と悪い方向があるようなのですね。詳しくはエニアグラムの画像をご覧いただくとおわかりになると思います。リンクを貼っておきます icon-arrow-circle-right 「エニアグラムの画像

リンク先をご覧いただいた方はわかると思いますが、タイプ5の安定時は、タイプ8良い面が出ており、ストレス時はタイプ7の悪い面が出ているとのことなのです。私がタイプ5とタイプ8の両方が当てはまる気がするのも、エニアグラムでは関係があったからなのです。

エニアグラムの数字を結ぶ線は、よくできているのです。あまりにもよくできている話なので、胡散臭く感じてしまいますが、たしかに納得するところはあります。

エニアグラムでコミュニケーションを取る

ここまで、書いてきた内容は、エニアグラムの本ならだいたいどの本でも学べると思います。ですから、エニアグラムを学びたければこの本でなくても他のエニアグラムの本でもいいのです。でも、この本がよいと思ったところは、コミュニケーションとしてのエニアグラムに十分なページを割いているところです。

第5章以降は、良いコミュニケーションを取る手段として、エニアグラムがどう参考になるか解説してくれてます。タイプ1の部下、同僚にはどう接すればよいか、上司にはどう接すればよいか、そんなことを解説してくれてるのです。

エニアグラムを学ぶことで、自分を知るだけではなく、まるで手玉に取るように相手とうまくやれるとしたら、どれだけ人生が楽になるでしょう。人の悩みの大半は、他人との悩みですから、それが軽減されるとしたら、どれほど幸せなことか。

こんな風に大げさに書いてみましたが、第5章以降の解説については、マイナス点も伝えておかねばなりません。

それは何かというと、書かれているアドバイスを全部覚えきれないところです。自分の頭の容量をお金で増やせないの悔しい。こんなに一生懸命働いているのに・・・。

ま、仕方ないです。せめて自分が苦手な上司、同僚はどんタイプであり、そのタイプへの攻略として少しずつ活かしていきましょう。

ブログやセールスやっている人なら、ターゲットをエニアグラムの各タイプにしてコンテンツ作成してみるのも、よい勉強方法かもしれませんね。

そんなうまい話があるかい!

ここまで書くと、エニアグラムって素晴らしいよねって気持ちになるかもしれませんが、やはりアンチはいるようです。とくに「バーナム効果だよね」っていう意見があります。つまり「誰にでも当てはまるように書いているよね」ってことです。

これについては「当たり前じゃん」としか言えませんね。そもそも何十億という人類をたった9種類に分類しているのだから、誰にでも当てはまる部分があって当然でなのです。

それをいうなら、心理学全般がバーナム効果だと思うのですが・・・。

個人的には占いだろうが、エニアグラムだろうが、自分の人生に役に立てばいいのです。こういうものは、メガネと同じであり、どんなメガネを通して人を見るかは、自由なのです。占いというメガネを使うかエニアグラムというメガネを使うかだけの話だと思いますがいかがでしょうか。

「9つの性格」まとめ

というわけで、ここまでエニアグラムについて書いてみましたが、個人的には役に立つと思いました。やはり確実に「これは自分ではないと言えるタイプ」と、「これは自分だと言えるタイプ」があるのは、読んでいて新鮮です。占いでは感じることができません。

もし、自分を見つけるきっかけにしたいなら、エニアグラムを学んでみるのもありだと思います。

そして、エニアグラムというメガネを通して自分を見て、タイプ別の伸ばし方を知ることで、今より前に進むことができるとしたら、それはかなり価値ある学びになると思います。

 

消費税、増税により日本経済は最悪の不況に突入か!日本国民はこのおすすめ本で真実を学ぶべし。前のページ

Dynalistの魅力はアウトライナー機能だけじゃない!これで無料なら使うしかない!次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 「不用品の寄付は親切じゃないよ!」と子供の一言。親として大反省しました。
  2. 駄目な自分を動かす最強コンビ誕生!原田メソッド日誌とフランクリンプランナー手帳の…
  3. これで積読解消なるか?ダイレクト出版フォーカスリーディング速読マスター講座に集中…
  4. なるほど!本質を学んでわかった大谷翔平選手の目標達成シートの作り方のポイント。
  5. あれこれ使ってこれに決めた!マインドマップアプリはSimpleMindが快適でお…

関連記事

  1. 人生

    プロフェッショナルとは何か?伝説の営業マンの名言から学べること。

    プロフェッショナルとはなんでしょう? 考えてみるとなかなか答えられませ…

  2. 人生

    自分探しが終わらない理由は、自分ありきだからか?これからは自分なくしで生きよう!

    「きっとどこかに自分らしさがある」そう信じて、自分探しが終わらない中途…

  3. 人生

    ポジティブ思考は、ただ満足しただけで終わるかも。その解決策WOOPの法則とは?

    日常のほんの小さな目標すら達成できないのは何故か、ご存知でしょうか?…

  4. 人生

    頑固な自分を変え、仕事と人生の教訓を教えてくれる寓話集「ものの見方が変わる座右の寓話」

    私は面倒な生き物です。困ったときは人の助言がほしいくせに、いざ助言を貰…

  5. 人生

    片付いてスッキリ!断捨離で物が捨てられない人から捨てられる人になろう!

    私は貧乏性でして、不要なものであっても簡単に捨てることができません。そ…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

WordPressテーマ TCD「MAG」

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. メンタルヘルス

    この言動、大人の発達障害かも?そんな上司や部下が職場にいる時どうすればいいと思い…
  2. 行動分析学

    この方法で人と組織を変えることができるって本当?「行動分析学マネジメント」レビュ…
  3. マネージメント

    嫌われる上司から好かれる上司へ。部下から感謝される太陽のマネージメントとは?
  4. コミュニケーション

    人を動かす前に自分を動かすこと。社会人なら一度は読んでおきたい本、D・カーネギー…
  5. 子育て

    自己肯定感が高まる子育てするには、親のコーチングが重要。おすすめはこの本だ!
PAGE TOP