システムズアプローチ



子供の問題行動には親としてどう対応すればいいの?家族関係を見直すヒント家族療法の本を紹介します。

子供問題行動、いたずら、素行不良、夜尿、過食摂食障害、不登校・・・これらは一体、それは誰のせいかと言えば、子供の問題は多くの場合、親のせいになりがちです。何故なら保護者だから。親が責任を背負い、その解決に疲弊することになります。

でも、本当に親のせいと決めてよいのでしょうか。

いいえ、そんなことはないと思います。子供の問題が起きたときの向き合い方、どう家族関係を見直すか、非常に参考になる本がありますので紹介いたします。

マンガでわかる家族療法 親子のカウンセリング編です。

子供の問題行動、その原因は?

子供の問題行動は親のせい?

私には小学生の娘がいます。いつも、にこにこ楽しそうに学校に通ってくれているので手がかかりませんが、それは今のうちかもしれません。今後、不登校やいじめの問題に無縁とは言い切れません。

もし、不登校になったとしたら・・・

「会社はどうしようか。妻も働いているから、お互いそう簡単に会社を休むことができない。長期化したらどっちかが会社を辞めるしかないかもしれない。なぜなら家にいる子供の面倒をみなくてはならないから。妻が辞めるとしたらしんどいな、住宅ローンだってあるし・・・こうなったのは誰のせいだ?」

きっとそういう話になります。子供の面倒は妻がみていることが多いので、妻は自分を責めるかもしれません。でも、何もしてくれなかった私のせいだとも言うかもしれません。

あるいはいじめが原因だとしても、

「誰がいじめている?学校は何していた?いじめっ子の親はどうしているのか?誰か気づかなかったのか?今後の学校の対応は?」

こういう流れになると、いつになったら解決するのかもわからないし、巻き込まれるのはごめんです。

仕事と家庭で疲弊するのはむごい話ですし、精神的にも肉体的にも消耗して夫婦関係も冷え込み、生きた心地しない日々を過ごすことになるのはまっぴらです。

想像するだけで、ゾワ~っとします。でも現実そんな問題に悩まされている方もいますね、きっと。

独身のとき、結婚したいと思った人と結婚して、その人との間に子供が欲しいと願って子供を授かった。さあ、バラ色の人生だと思いきや、その結果は・・・子供の問題行動に悩まされ苦しい日々の毎日。

しかもその原因が親である自分のせいだとしたら、もはや生き地獄です。でもそれは、その問題が親のせいだと決めつけて考えた場合の話です。

家族療法(システムズアプローチ)は、問題が親(人)のせいとは考えないのです。

子供が問題なのではない、問題が問題だ。

問題の外在化

子供の問題行動が親のせいではないなら、誰のせいなのか?

家族療法・システムズアプローチの本を読んで、そのテクニックの一つ問題の外在化をいう考え方に出会いました。問題を客観視できて素晴らしい考え方だと思います。本書(P149)にも説明がありますので引用します。

近年、家族療法やブリーフセラピーの分野では「外在化」と呼ばれるテクニックが人気です。これは簡単に言うと、「人」と「問題」を切り離す作戦です。種々の心理的な問題は人間の内部にあるのではなく外部のあるのだと考え、そのような扱いに徹する一連の治療的な会話です。

マンガでわかる家族療法 親子のカウンセリング編(P149)

どういうことでしょう。

たとえば、「Aさんはすぐにイライラする」といった表現。これは「Aさん=すぐにイライラする人」、つまりAさんの特性としての語りなのですが、もしもこれを「Aさんはすぐにイライラ虫にやられてしまう」と表現するとどうでしょうか。この場合、Aさんは「イライラしやすい人」ではなくて、「外部にいるイライラ虫に困らされている人」といった意味合いになります。このように、本人の特性・性格傾向が問題なのではなくて、問題は外部にある何ものかであるとするのが外在化の基本です。

マンガでわかる家族療法 親子のカウンセリング編(P149)

人が問題ではなく、問題が問題であるということです。

なんて優しい考え方なのでしょうか。

例えば、不登校を不登校虫が取りついたと意味づけしたとします。すると、不登校問題を外在化して考えたことで、不登校問題への取り組み方が変わります。外在化前までは「親と子供の対立」だったとしても、外在化すれば、「親子協力vs不登校虫」という構造に変えることができるからです。

「お前は何で学校に行けないのだ!」よりも、「一緒に不登校虫をやっつけよう」の方が、断然いいですよね。

問題の外在化は普段の職場でも使える

人を責めて自分を責めていた

私は、問題が起きた時、「原因は何だ?誰のせいだ?」と原因追及をするタイプです。

「原因特定より解決が先。起きてしまったことはしょうがない、次から気をつけよう。再発防止しよう」そうやってその場を収めるのは大嫌いでしたから。

先に解決を構築するのが悪いわけではありませんが、多くの場合、問題が解決してしまえば原因追究は行われません。泥沼になりますし、大抵原因は上司だったりするからです。そして原因追及しないので、問題を繰り返します。うんざりする話です。

一方で、原因追及は人を責めることになるため、自己嫌悪になります。私も口が悪くどうしても言いすぎてしまうことがあり、言いすぎたことを自己嫌悪するという悩みを抱えてました。
それに人の間違いを責めるということは、自分が問題を起こしたときに容赦なく責められてます。当然ですね。

そんなばかばかしい自分と一生付き合うのは嫌です。人としてまったく成長しませんので、この課題はなんとかしたいところです。

外在化という考え方との出会い

職場のメンタルへルスをスクールで勉強しているときに、心理療法である家族療法・システムズアプローチの概要を知り、そのテクニックの一つ問題の外在化をいう考え方に出会いました。

目から鱗でした。人が問題ではなく、問題が問題であるという表現方法があったわけですから。

「なんて優しい考え方なのか」

人を救う方法を知ったというより自分を救う方法を知ることができ、救われた気がしました。

問題を主語にして会話する

外在化の考え方に出会ってからは、人のミスを注意するときも表現を変えることができるようになりました。

以前は「なんでミスをしたんだ?」と言う表現方法しか知りませんでしたが、外在化を知った後は「どんな状況のときに、ミスにやられた?」というような言い方ができます。

前者の言い方だと人を責めてますが、後者の言い方だと人を責めていないので伝わり方が違います。

たまに、キョトンとされることがあります。問題を主語にしているので、日本語として違和感があるからかもしれません。でも、人を責め傷つけるよりマシなので、今後もいざというときは使い続けたいテクニックです。

まず解決を構築しながら、問題を追及しつつ、人を責めなくてよい表現なんて一石三鳥ですね。

マンガでわかる家族療法 親子のカウンセリング編の魅力

この本は、著者:東豊氏の数多く著書の中の代表的な事例を、漫画にして紹介しております。漫画にされたことで、これまでの著書から受けた印象とは異なり、活字では伝わりずらい微妙なところが伝わってきた気がします。

なお、私は著者:東豊氏のファンであり、カウンセラーでないのに、東氏のほとんどの本を購入しているくらいです。

本書で紹介されている事例で使われているテクニックは、「問題の外在化」以外にも次のようなものがあります。

icon-check肯定的意味づけ
icon-checkリフレーミング
icon-check プリテンディング処方(何かのフリをさせる処方)
icon-checkジョイニング

療として使うのは素人には無理ですが、普段の人間関係にちょっと意識して使うだけでも、人間関係を好転させることに役立つと思います。

マンガでわかる家族療法 親子のカウンセリング編まとめ

子供に問題が起きたとき、子供せいだとか親のせいだとか思わず、問題のせいとして捉えること。
そうすることで問題に対して客観的に向き合うことができます。

ただし、ご注意いただきたいのが、外在化すれば問題が解決するというわけではございません。何故なら、多くの子供の問題は複雑な要因で起きていると思われるので根が深いからです。

きっと解決するために、精神科医やスクールカウンセラーの力も必要になるでしょうから、問題を外在化して家族内だけで解決しようとしないようご注意ください。

ご興味がある方は、是非読んでみてください。

 

 

「BG~身辺警護人~」木村拓哉氏の演技より、演出の方がNGでしょ前のページ

ミルトンモデルで楽なコミュニケーションを!人を動かすちょっとした言葉の使い方次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 駄目な自分を動かす最強コンビ誕生!原田メソッド日誌とフランクリンプランナー手帳の…
  2. 「点字ブロック上は邪魔だらけなのに・・・たくましいね」キラりと光る、生きていく強…
  3. 七福神よりご利益あり?DA PUMP新曲「桜」リリースイベントの握手会に行ってき…
  4. 緻密な文章を書きたいので、勇気を出してScrivener for windows…
  5. WordPressテーマTCD「MAG(tcd036)」のブログ7選!個性がキラ…

関連記事

  1. システムズアプローチ

    職場の人間関係改善に役に立つ。達人セラピストの面接テクニックが学べる本を紹介します。

    目の前で、同僚が言い争いをしている。そこへ自分が会話に混ざり、ちょっと…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

無料でGET!TCDテーマ「BlogPress」

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

WordPressテーマ TCD「MAG」

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. 習慣

    思わず納得!習慣化する方法は、この本の「行動変化の四つの法則」が最善だ!
  2. 人生

    プロフェッショナルとは何か?伝説の営業マンの名言から学べること。
  3. 原田メソッド

    なるほど!本質を学んでわかった大谷翔平選手の目標達成シートの作り方のポイント。
  4. コミュニケーション

    無礼者の悪影響はひどすぎる!今こそ礼節の大切さを知るべきです。
  5. 目標

    人生や仕事の目標がわからない、見つからない、思いつかない。そんなときのおすすめ本…
PAGE TOP