メンタルヘルス



人にきつくあたる自分が嫌になったとき、自戒をこめて読む本を紹介【家族療法】

「あのさ、作業を始める前に忠告して、君もわかったと言ったじゃん。なのに何でまた同じところを間違うかな」

正しい手順で行えば、5分もかからず終わる作業なのに、手順を間違えてトラブルにした同僚に対し、優しさの欠片もないきつめな事を言ってしまう私。1年以上同じことをやっていて、自立してほしいと思っているのにいつまで経っても指示待ちで、間違えてばかりの同僚に対するストレスは限界に達してました。そして、同僚に対してだけでなく、そんな厳しい言葉を吐いてしまう自分も許せずあとからストレスを感じてしまうのです。

「相手がどんな人であっても、落ち着いて接し良い影響を与えることができるような人物でありたい」

そんな理想像を目指し、原田メソッドや成人発達理論といったコーチング理論で自分を成長させようと努力しているのですが、職場でさまざまなタイプの人とやりとりしていると、ネガティブな感情が芽生え、なりたくない自分になってしまうのです。情けないことにまだ自立しておらず、理想から離れてしまうことはしょっちゅうあります。

そんなとき、理想像を目指す自分を取り戻すために読み返すのが、私の理想像のモデルである家族療法家「東 豊」先生の本です。漫画版第2弾は大人の問題をどう介入して解決したかが参考になり面白いです。

そんなマンガでわかる家族療法2を紹介いたします。

 

マンガでわかる家族療法2

なぜ、東豊先生の家族療法の本なのか

家族療法の本はたくさんありますが、私は東豊先生(東豊wiki)の著書に関しては著者買いしております。

理由としては、東先生の家族療法の本は、理論の説明というより「セラピストとしてクライアントと向き合うにはどうあるべきか」というセラピストとしてのあり方を伝えようとしている気がして、身が引き締まるからです。

さらに、著書の事例一つ一つの中に、心の問題を抱えながら強く生きていこうとする人の強さを感じることができ、弱い自分に勇気を与えてくれるのも理由のひとつです。例えば、私のような若輩ものには想像できないような苦しみが原因で心の病になったのに、カウンセリングを受けてでも立ち直ろうとするクライアントの這い上がる力、病から回復していく生きる力、そんな人としての美しい強さに触れると涙することすらあります。

そして、そんなクライアントを支援する東先生の、まるで魔法のようなカウンセリング技法や人としての姿勢には、憧れを抱いております。その姿勢は臨床の現場だけでなく、普段の職場でも活かせるはずだと信じており、「相手の自尊心を傷つけることなく、相手に良い影響を与える人になりたい」
「相手がどんな変わった人であっても、落ち着いて接し良い影響を与えることができるような人物でありたい」そんな自分の理想像を目指すために、東先生の本を定期的に読み返しているわけあります。

マンガでわかる家族療法2の事例

ここで、『マンガでわかる家族療法2』で紹介されている症例を、ネタバレにならない程度に要約します。なお、前作『マンガでわかる家族療法 親子のカウンセリング編』は親子の問題でしたが、今回は大人の問題を扱っております。

①霊感商法vs家族療法
37歳会社員の夫、妻は霊能力者。
全身倦怠感に教われる夫の症状は妻の霊感療法で数時間は苦痛から解放されるが治るわけではない。セラピストはどのように介入し、症状が改善したか?

②演歌妻、夫を救う
不潔恐怖症(手洗い脅迫)の夫。気になると2時間半も手洗いが続く。そんな夫の症状消失を狙うべく、セラピストが出した指示は?

③石まわし
パニック障害で乗車恐怖、外出恐怖のため、通院以外はほとんど引きこもっている青年の事例。症状改善のためにセラピストが指示した儀式とは?

④供養の酒
普段は妻の言うことをよく聞く夫だが、お酒を飲むことに関しては言うことを聞かない。酒癖が悪く、怒鳴り散らす体たらく。そのせいだろうか、2人子供がいるが、長男は不良仲間と夜遊びするようになる。妻は夫のお酒を辞めさせたいが、セラピストの意外な指示は?

⑤縛りからの解放
5年間過食嘔吐を繰り返す女性の話。

⑥セラピスト失格
うつ病の妻とその夫への対応、セラピストが致命的とも言える誤った対応をしたことでどうなってしまったか。その出来事から年月が経ち、同じ症例の夫婦へどのように対応したか?

⑦受容の達人
うつの妻とその夫、その二人を診ている精神科医が、セラピストのところへ家族療法を受けにきた。セラピストは気づく。問題が持続するシステムに精神科医も含まれていることに・・・

⑧鳴門のうずしお
希死念慮が強く、自傷他害の恐れがあるため保護室(ほとんど何も置かれていない部屋)にいる女性。過食嘔吐も繰り返しており、「動物が部屋やベットの上で走り回っている」等の幻視が出現している。主治医も頭を抱える症例にセラピストはどう向き合っていくのか。

マンガでわかる家族療法2の事例から学べること

壊れてかけていた人間関係が東先生の介入によって劇的に改善していくストーリーは、いつ読んでも心が温まります。とくに⑧鳴門のうずしおは、私が気に入っている事例でして、何度読んでも涙が浮かんでしまいます。

そんな本書の全編を通して何が勉強になるのかというところですが、もっとも勉強になるのが、相手の状況を利用するという点です。

家族療法には、「利用法(utiization)」といった考え方があります。これは、面接をスムーズに進めていくために、対象者がすでに所有しているもの(症状、行動、ルール、癖、嗜好、価値観や考え方など)をうまく使うことです。

マンガでわかる家族療法2(P56)

夫の煙草をやめさせたいと思っている妻がいるとします。その夫に対し妻が「体に悪いから禁煙しなさい」と言っても、夫が「ストレス解消になるから体にいい」と思っているなら、きっとやめてくれません。逆に、夫が体にいいと信じているのを利用し、「煙草ってストレス解消にいいよね」と認めつつなんらかの介入をし、その介入を夫が受け入れることができたら、禁煙させることができるかもしれないのです。

その「なんらかの介入」は人によって違うため、どんな介入方法なら本人が受け入れるのかをセラピストが面接の中で観察し探っていくわけですが、複雑な人間関係をどのように観察し、相手の状況を利用してどう症状改善につなげているか、そのコミュ二ケーションの取り方や人の観察の仕方は、カウンセリングの場だけでなく、実生活においてもかなり役に立つと思います。

マンガでわかる家族療法2:まとめ

人にやさしく

「間違えてばかりの同僚にイライラしているだけでいいのか?」東先生の本を読了後、あらためて自問します。すると、家族療法のように考えるなら「なんど言われても間違えてばかりいるのは、職場の人間関係のシステムの中で同僚の間違いは何かの役に立っているからではないか?」と考えることができます。

仮に、その考えが正しいとすると、同僚は間違えることで正しい手順を私から教わることができるため、安心して仕事ができるのかもしれません。つまり自立したくなく、指示をしてほしいから間違え続けているのだとしたら(無意識レベルで)、「自分の力でやりましょう」という私のスタンスは間違っているわけであり同僚は間違え続ける可能性があります。間違えるという症状は、私と同僚の人間関係のシステムを「指示する指示される関係」から「お互い対等」に変えない限り、消えない可能性があるわけであります。

しかも、この人間関係を変える場合、「自分でやって」と意識レベルでわかるような指示を出すと効果がないのはわかっていますので、同僚の指示されたいという状況を利用しつつ、気付かれないように自立する方向にもっていくことがスムーズであると考えることができます。

例えば、『同僚が間違え指示を求めたら、私の指示で、間違えた箇所の手順書を全部直してもらう。直した手順を私がチェックしOKなら、「今度からあなたが作成した手順書がスタンダードだ」と言って、その手順書を部署の全員にも使ってもらう。』こういう方法を試してみるのもありかもしれません。

この方法の狙いは、以下になります。
・指示されるのが好きならば、手順書を直してという指示は受け入れてくれそう(同僚の心理を利用する)
・間違えるたびに手順書を直すという仕事が増えること(同僚の仕事量が増える=同僚の状況がひどくなる=間違えない方がマシ)
・自分が作った手順書を職場の全員が使うことなる(事実上同僚が自立していることになる=人が作ったものを使わないため)

自立したくない同僚が、仕事を間違えるたびに、仕事が増え自立する方向に向かわざるを得ないとしたら、どうするか? 間違えないようにするかもしれません。つまり、間違えるという症状を出さなくなるかもしれません。

と、今、家族療法の真似をして同僚への対応方法を考えてみましたが、例えばの話であることはご理解ください。実際にはもっと丁寧に同僚の特徴を考えて対策するべきでしょう。しかし家族療法のように改善するとしたら、上記のような考え方をして、改善を図ることになります。非常に難しいかもしれませんが、相手を傷つけることなく変化をうながせるなら、家族療法のコツを学ぶ価値はおおいにあります。

心理療法の本など、カウンセラーでもないサラリーマンなら気にもならないでしょう。気にする方がいるとしたら、企業内ではメンタルヘルス担当の方くらいだと思いますが、せっかく漫画になり読みやすくなりましたので、立場関係なく一読いただければ幸いです。

きっと、本当の意味で「人にやさしく」とはどういうことであるか、何かヒントのようなものを感じていただけると思います。

リーダーシップで大切なこととは何か?その答えは成人発達理論から教わりました。前のページ

簡単で整理された伝え方ができるフレームワークで売れるストーリーを作る|ストーリーブランド戦略次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 習得率98%の講座でまさか2%の脱落組か?フォーカスリーディング速読マスター講座…
  2. WordPressテーマTCD「MAG(tcd036)」のブログ7選!個性がキラ…
  3. 大谷翔平選手の目標達成シートを作成しただけでは目標達成できない理由。
  4. スキル不足でも起業・転職したいなら、学んでおくべきスキルは何か?
  5. ダイレクト出版は怪しい会社なのか?恐る恐る無料本を購入したその後の話。

関連記事

  1. メンタルヘルス

    職場の人間関係改善に役に立つ。達人セラピストの面接テクニックが学べる本を紹介します。

    目の前で、同僚が言い争いをしている。そこへ自分が会話に混ざり、ちょっと…

  2. メンタルヘルス

    職場のメンタルヘルスの対策・取組みの時に必見!メール相談事例集

    職場で部下や同僚からのメールを開いたとき、「もう死にたい」と書かれてい…

  3. メンタルヘルス

    子供の問題行動の原因は親なのか?と誰かのせいにしたところで問題は解決しない【家族療法】

    いたずら、素行不良、夜尿、過食摂食障害、不登校といった子供の問題行動で…

  4. メンタルヘルス

    大人の発達障害の特徴がある人への接し方を知り、内にある優しさを目覚めさせよう。

    少し変わった人が職場にて、ストレス要因になっていませんか?その…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. メンタルヘルス

    子供の問題行動の原因は親なのか?と誰かのせいにしたところで問題は解決しない【家族…
  2. ライティング

    わかりやすい文章が速く書ける!そんな文章術の本を紹介します。
  3. コミュニケーション

    自分も相手も大切にしつつ自己主張するアサーションで、人間関係のトラブルを回避しよ…
  4. 子育て

    親ならできる!子どもがやる気になる声かけは、心の支援を意識した言葉選びにあり。
  5. 原田メソッド

    本番で力を発揮できる人になるために。原田式メンタルトレーニングで8つのスキルを磨…
PAGE TOP