子育て



自己肯定感が高まる子育てするには、親のコーチングが重要。おすすめはこの本だ!

私には3つの上がらないものがあります。

1つ目は『給料』です。
2つ目は『うだつ』です。
3つ目が『自己肯定感』です。

この3つの中で、自分の力で上げる努力ができるのが「自己肯定感」です。成人になり時が経てば経つほど自己肯定感を上げるのに苦労するというのが、私の経験からくる結論です。

だからこそ、自分の子供にはそんな苦労をしてほしくないと思ってます。そのために子育ては「自己肯定感」が上がるよう普段の接し方に気を使ってます。

伸びる子の育て方:自己肯定感を高める取り組みをする

自己肯定感とは

自己肯定感とは何でしょう。

自分のいいところも駄目なところもひっくるめて自分をみとめ肯定する気持ち。それを自己肯定感と言います。

もっと詳しく知りたい場合は、こちらの本がおすすめです。

日本の若者の自己肯定感が低いのは親のせいなのか?

自己肯定感に関して、こんなデータがあります。内閣府「平成26年版 子ども・若者白書(全体版)」のデータです。

画像クリックでデータ元へ行く

日本の若者は、自分自身に満足していると答えた割合が45.8%、逆に言うと54.2%の人が満足していないわけですが、データを比較している先進国の中では、一番自己肯定感が低いのがわかります。

その自己肯定感の低さの原因ですが、親の教育と関係あると言えるかどうかは、正直わかりません。学校の教育や、子供を取り巻く環境も影響しているかもしれないからです。しかし、自己肯定感を高めることができるかどうかは、親の教育と関係があるかもしれません。それは、次のデータから推測できます。

このデータからは、95%の親が、「子供の自己肯定感が大事だ」と思っていることがわかります。しかしながら、自己肯定感を高める取り組みを行っていない親が58.5%もいるとのことなのです。

上記の2つのデータ(内閣府とリサーチリサーチ)は、当然、取得時のデータ元(時期や対象の人)が違いますが、自己肯定感が低い若者54.2%、自己肯定感を高める取り組みを行っていない親58.5%という結果は、無関係ではないと思われます。

だから言って、今から自己肯定感を高める子育てをしようと言われても、実際にどうやすればいいのかモヤモヤするかと思います。どうほめればいいのか、どう注意すればよいのか、今からどう変えればいいのか難しいものです。

しかしながら、「自己肯定感を高める取り組み」せず、放置したままにしていると、自己肯定感が低い大人になってしまうかもしれないのです。子供の一生を想像したとき、それは残念な結果ではないでしょうか。

自己肯定感が低いとどうなる?

自己肯定感が低いとどうなってしまうのでしょうか。『自己肯定感ノート』にはこう書かれています。

①過去の失敗にこだわり、次の一歩が踏み出せなくなる
②他人と比較し、劣等感を覚え、自己否定してしまう
③いつも「できない」と思ってしまう
④周囲への依存度が強くなってしまう
⑤誰かのために頑張ることができない

自己肯定感が低いと、ノウハウを知ったとしても、すぐに不安になったり、心が折れたりして、結果を出すのが難しくなってしままうのです。

親の育て方が子供の将来に影響を与えるなら、やはり我が子には自己肯定感が高く、困難を突破できる大人に育ってほしいものです。

では、どうすれば自己肯定感が高い子供を育てることができるのでしょうか?

本書では、私の30年近くの現場経験で、実践して効果があった「家庭ですぐできること」を紹介します。

伸びる子の育て方(はじめに)

著者の漆紫穂子さんは、品川女学院の理事長です。その漆紫穂子さんの長年の経験から、「どうすれば」の方法を、親へアドバイスしてくれているのが本書なのです。自己肯定感の高め方を子育ての中でどう取り組むか、ヒントが得られると思います。

自己肯定感を高める親の行動

それでは、本書で紹介されている数多くあるアドバイスの中から、何点か紹介いたします。実際に、私が小学生の娘に対し、本書を参考にし行っていることになります。

長所こそメンテナンスする

よいところを伸ばそうと思ったら、よいところを自覚させる必要があります。まず、長所に目を向けること。できないことより、できていることを探すこと。
悪いところは、直そうと常に意識しがちですが、よいところは放っておきがちです。けれど、長所こそメンテナンスが必要です。

将棋で史上最年少の18歳で2冠達成した藤井聡太二冠(王位・棋聖)は、長所を伸ばす教育を受けた典型的な例でしょう。さかなクンもそうだと思います。

『長所を伸ばす』これは出来ていそうで出来ていないことだと思います。勉強で言えば、万遍なく出来ていてほしいと思うのが親心ですし、世間体を考えればしつけも必要ですから、悪いところを直そうと注意ばかりしているケースの方が多いかと思います。

もちろん、注意が悪いわけではありません。

ここで言いたいのは、注意した回数以上にほめることも大事だということです。私もしつけのため、厳しく叱ることがありますが、それ以上にほめる回数を増やすようにしています。

相手のことを考える意識づけの質問

子供ですから自分のことばかり考えるのは当然です。そんな子供に相手のことを考える意識づけをしたい場合、どうすればよいかも本書の方法が参考になります。

生徒が、「〇〇してほしい」と要望を言ってくることがあります。それが、「周りが見えていないな。自分のことし見えていないな」と思えるものである場合は、
「あなたはそうしたいのね。もし、そうしたら、周りの友だちにとってどうかしら?」
と質問を投げかけます。すると、多くの場合、ハッとした表情をして、
「よく考えたら、やっぱりいいです。では、こういうのはどうでしょう。」
と、相手の立場を考えた意見に変えてきます。

このように子供に対して、相手はどう考えているかと質問することで、相手のことを考えるよう促すことができます。これは、成人発達理論の段階2「利己的段階」から段階3「慣習的段階」への成長を促す二人称視点を備わせる質問と同じですね。

大人も子供も、相手のことを考える意識を持たせるために必要な育て方は、共通しているのですね。

感謝の言葉は、「は」ではなく「も」

ここで大事なことは、役に立つことをしてくれたときは、それがどんなに小さなことでも、感謝の言葉を口に出すこと。家族間ではこれを忘れがちです。
反対に、せっかくのお手伝いを台無しにするのは、「今日、どういう風の吹き回し」という言い方。こんなときは、「今日、手伝ってくれて助かるわ。ありがとう」と言いましょう。継続してほしいときは、「は」ではなく「も」が大事です。

さすがに「今日は、どういう風の吹き回し」なんて言う親は少ないでしょうが、子どものお手伝いに感謝するのを忘れてしまっているケースは多いと思います。あるいは、手伝って当たり前と思っているケースも多いでしょう。仕方ないことです、家族ですからね。

だから、これからは改めようと手伝いに感謝するのはよいと思いますが、感謝すればよしと思ってはいけないと私は考えております。どちらかというと、手伝いに感謝することで子どもの自己肯定感を育てることを目的にすると考え実行しております。

やり方を具体的に聞く

今まで一人で起きれない子どもが明日から一人で起きなければいけないとします。親とすれば、ちゃんとできるか不安だと思いますが、どうすればいいのでしょうか。

それは、どうやって起きるか、やり方を具体的に聞いてみることです。
「目覚まし時計をふたつ使う」とか、「枕元ではなく遠くに置く」など、子どもの口から「これだったら起きれる」と親が思える方法が出てきたら、ひと安心です。

これは、以前紹介したこちらの著者:黒岩禅さんの本にも似たようなことが書かれてました。

黒岩禅さんの「教えたことを教えてもらう」の考え方に近いです。やはり、良い人材教育というのは、大人相手でも子供相手でも、似たような育て方をしております。ですから本書のノウハウを学べば、さまざまな人材教育の場面で応用が可能であることがわかります。

伸びる子の育て方:まとめ

親から子へ自己肯定感をプレゼントしよう

「たとえお金持ちのようにはできなくても、普通に過ごす上では不自由しない環境や物を用意する。」それが親の役目だと思ってましたが、それは私の生い立ちから生まれた思い込みであることに気づきました。なぜなら、子ども時代に貧乏だったことが、今の私の生活に影響を与えているかといえば、まったく影響がないからです。

よくよく考えれば、当たり前です。大人になって、自分で稼いで自分で学べるようになったわけです。子ども時代の貧乏が影響しているはずありません。

しかし、自己肯定感は違います。自己肯定感は子ども時代に育っていないと大人になってから、負の方向に影響があります。自分はできない人間だという思い込みのせいで、どれだけのチャンスを棒にふったかわかりません。

幸い自己肯定感はいつからでも育てることができます。本書でも漆紫穂子さんがそうおっしゃっております。とは言ってもやはり、子どものうちから育てた方がいいのです。

ですから私は、娘が3歳くらいのころから、メンタルヘルスや原田メソッド、成人発達理論など、心理学の勉強をし初め、得た知識を教育に活かすようにしてました。また、本書も娘が小学校に入ったくらいに読み、参考になるところは取り入れてました。

自己肯定感は一生の財産

先日、娘が通っている英語の塾で娘の友だちが塾をやめると言ったそうです。嫌になってきたそうなのです。その話を娘から聞いたとき、当然娘も辞めるって言うのかなと思いました。仲良しの子ですから。しかし、娘はこう言いました。

「でも、私は友だちと通うために英語を勉強しているわけじゃないから、これからも通う」

嬉しくて涙が出そうになりました。「大人になったとき、自分の表現したいことを表現することができるようになってほしい。できれば、世界に日本の良さを教えてほしい。だから、英語とプログラミングを学んでほしい」そう、娘に伝えてましたが、それをちゃんと理解してくれていたのです。

それだけではありません。

「学校の給食が美味しかったから、給食を作ってくれた先生に美味しかったと言ってきた。(給食の先生が常駐している)」と娘の口から聞かされたとき、素晴らしいプレゼント貰ってしまったと嬉しくて昇天してしまいました。

「不自由しない環境や物を用意するのも大事だけど、それ以上に自己肯定感をプレゼントするのが大事」それが今の私の考えです。

もし、日本が大不況になって、そのあおりで我が家が貧しくなっても、自己肯定感はプレゼントできるわけですから、子どもの財産になるようどんどんプレゼントしたいと思います。

 

自分を変えるためにどんな行動を習慣化すればよいのか?原田式メンタル教育で学べ。前のページ

結婚生活を円満に過ごすコツは愛情ではなかった!重要なのは、〇情!次のページ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 原田メソッド日誌とフランクリンプランナー手帳の合わせ技で、駄目な自分を動かす最強…
  2. おもちゃやぬいぐるみの処分に成功したが「不用品の寄付は親切じゃないよ!」と子供の…
  3. 習得率98%の講座でまさか2%の脱落組か?フォーカスリーディング速読マスター講座…
  4. 「点字ブロック上は邪魔だらけなのに・・・たくましいね」キラりと光る、生きていく強…
  5. ダイレクト出版のセールスライティング通信講座を検討中なら読んでおきたい書籍を紹介…

関連記事

  1. 子育て

    親ができる子どもがやる気になる声かけは、心の支援を意識した言葉選びをすること。

    小学校4年生の娘が英検5級の試験を受ける日のことです。娘は前日まで、一…

  2. 子育て

    子育てにおける父親の役割って何だろう?そんな男の悩みもこの本読んで解決しました!

    子育てをする父親として、子供のことをどれくらい把握してますか? 子供の…

Amazon ビジネス

本は、聴こう

キャンペーン中です。お得なうちにGET!

3980円⇒550円

1980円⇒980円

最近の記事

ダイレクト出版特集

悩みや問題解決のヒントが満載な本

カテゴリー

おすすめ高性能レンタルサーバー

独自ドメインを取得

  1. ライティング

    ブログのネタ集めも速く書くことも、この方法で解決!素材文章術を試してみよう!
  2. 原田メソッド

    自分を変えるためにどんな行動を習慣化すればよいのか?原田式メンタル教育で学べ。
  3. 経済

    消費税、増税により日本経済は最悪の不況に突入か!日本国民はこのおすすめ本で真実を…
  4. 片づけ・掃除

    今を大事にせよ!物が捨てられない人から捨てられる人になる極意、断捨離とは?
  5. 学び

    エニアグラムの9タイプで知る、自分の活かし方。
PAGE TOP